プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
6060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
324位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  06
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショパンピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11
2012/11/13 - 01:00    トラックバック[0]    コメント[0]     EDIT
カテゴリ [コンサート・演奏会]
地元の管弦楽団が

定期演奏会で

ショパンのピアノ協奏曲第1番の全楽章を演奏するというので
行ってきました~~。

ピアニストも地元出身の方なんです。



いや~~

この曲が地元で聞けるとは思ってもいませんでした。



いつもCDでしか聞いたことのない曲。




感激でした!!!



何がうまいとか
何がダメとかはよくわからないけれど

ピアノを弾いているところを見ただけでも感動モノでした。
完璧、ではなかったけれど
良かった。
弾いていたピアニストさんも感激していたのかしら・・
演奏後涙ぐんでいました。


そうだろうな~~あれを弾き終えたら感激だろうな~~~。


一つだけ気になったのは・・


管楽器が時々・・

ポワァ~~~~

という音で目立ってたということかな・・
なんの管楽器だったか、言い当てられないのは残念だけど・・・


弦楽器の音色は素敵でした~~。


第2楽章は、やさしく美しい曲調で・・・うっかり眠くなってしまった!!!
おっと!いけない!!
でも一瞬眠りに落ちてしまったかも!!


第1楽章と2楽章の間で拍手をしていた人が何人かいましたが
周りの空気を読めば、拍手をしないことがわかったでしょうに・・・残念。


地元の管弦楽団、次回はジャズピアニストを呼んで
ラプソディーインブルーをやるんですって!!!

頑張ってほしいです~~!!!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
清塚信也さんのリサイタル
2011/09/06 - 14:21    トラックバック[0]    コメント[16]     EDIT
カテゴリ [コンサート・演奏会]
行ってきましたよ~~!

清塚さんと言えば
のだめの「千秋」の演奏をした方ですね!!

玉木宏さんは清塚さんの演奏をまねているそうです。

さて・・


ひと言で言うと・・


清塚さんは「リスト」みたいですね。


ラ・カンパネラ・・すごかったです。
手の大きさはショパンと同じくらいっていっていましたが、
あの方はリストみたいです。

かっこいいし、おしゃべりも上手だし。

さてさて・・

座席は後ろのほうでしたが
ちょうど真ん中より左側で、
弾いている手がよく見える位置でした。

演奏曲目は

ショパン ノクターン第2番 作品9-2
ショパン 別れの曲
ショパン 舟歌
ショパン 英雄ポロネーズ

リスト 愛の夢
リスト ため息
リスト ラ・カンパネラ
ガーシュウィン ラプソディー・イン・ブルー


全部有名なのばっかり!!!

ショパンの中で清塚さんは「舟歌」が気に入っているそうです。
わあ!私と好みが同じ~~

清塚さんが中学生の時
出だしの1音で何度もだめ出しをされ
その1音を何時間も引き続けたエピソードを語っていました。

清塚さん・・・、トークがおもしろいです。
軽妙な語り口で。

ショパンのことをたくさん話していました。
ショパンファンにとっては知っていることばかりだったけれど
毒舌なつっこみがたくさん入っていて絶妙でした。

トークの最中に
ケータイの着メロがなりました。

すると清塚さんは
「私以外に演奏している人がいるのか?」ですって!
ユーモアでその場をおさめてくれました。

それにしてもマナー悪い人がいます。
アナウンスで注意されているのに
それでも電源を切らないで(しかもマナーモードにもなっていない!!)
いる人が必ずいます。

マナー守れない人は退場させるという決まりを作ったらどうだろう。

音が鳴らなくても
ケータイなどの液晶画面は
暗がりでとても目立って気になります。
演奏中になに見てんだろ~~~!!!??

雰囲気台無しです!!

田舎だからそういう人がいるのかなあ~???


さて・・ピアノの話しに戻りますが

ショパンの英雄ポロネーズは
初めて生の演奏を聴きました。

あれってすごい迫力ですね。
CDやテレビで聞くのとは全然違いますね。


後半はリストでした。


清塚さんのラ・カンパネラは有名なんですかね?
とっても良かったです。

すごいです。

かっこいいです。

ショパンよりも似合っています。

超絶技巧です・・・!!


そのあとのガーシュウィンは
メドレーで弾いてました。
残念ながらラプソディー・・以外の曲がわからなかったです。
サマータイムとか、って言っていたのですが
その曲も知りませんでした~。

アンコールでは自作の曲とか
弾いてましたが

アンコールの
最後に弾いた曲は
ディズニーやら
J-ポップスや
外国の曲やら
日本の昔の曲やら
たくさんメドレーで弾いていました。

20曲ぐらい入っていたのではないかしら??

腕が千手観音のように何本にも見えてしまった・・。

何度もアンコールで出たり入ったりは好きではないと
アンコールで出てきてから、何曲弾いて終わりますと宣言していました。
現実的で良いですね。

演奏の後、握手会があったようです。

私は恥ずかしがり屋なので
行きませんでした。
何をしゃべったらいいかわからないし・・。


ピアノも楽しかったけれど
トークでも楽しめました。

ただ、音楽に詳しい方は
物足りないかもしれませんね。
なじみの曲ばかりだったし、トークの時間が長かったし・・。

でもでも
清塚さんってやっぱり素敵ですね~。
また東北に来て欲しいです。




ショパン様ではなかったわ・・・・・・
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
NHK合唱コンクール
2011/08/25 - 13:34    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [コンサート・演奏会]
今日は、娘が出場する
NHK合唱コンクール県大会でした!!

小学生の部を見てきましたが

いや~~・・
泣けます。
小学生が一生懸命に何かをしている姿を見ると
我が子でなくても泣けてきます。ウルウル・・

こちらのサイト↓
NHK合唱コンクールのサイト・・!!
過去の合唱の課題曲が聴けるんです!!!

http://www.nhk.or.jp/ncon/index.html

私も小学生の時合唱クラブに入っていて
Nコン出たんです!だから
自分の歌った歌も聴けました!!!(ちなみに、昭和59年と60年・・)
なつかし~・・また涙が出そうです。


さて、大人になってからNコンは初めて見ました。

おもしろい!

自分がピアノをやっていなかったら、
そんなにおもしろくなかったのではないかと思う・・

子どもたちと、指揮者と、ピアノ・・。
どれをみてもおもしろい。

同じ曲を何回も聞くので
飽きるかなとおもったら大間違い!!

聞き比べが出来て楽しい♪

指導者の解釈によって
いろいろな仕上がりになるんですね~。

ちなみに今年の課題曲も上記のサイトから聴けます。
やなせたかしさん作詞。いい曲です。

やはり上手い学校は、聞いていて
心地よかったです。

一つの歌が
まるで物語を聞いているように楽しめる
そんなふうに歌っているのがいいですね。

自由曲は、また、いろんな曲を楽しめて
それを子どもたちが歌って・・
素敵なんです~。
子どもたちの声、今しか出せない声。貴重ですよね。

歌っていいなあ~。

*イラスト描いたのに
お絵かきエディターがまた変になっていて
絵が出てこない(怒)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
ラヴェルのボレロ・・山響!
2011/08/10 - 23:10    トラックバック[0]    コメント[10]     EDIT
カテゴリ [コンサート・演奏会]
ファミリーコンサートに行ってきました。

飯森範親さんって指揮者ご存じですか!?
あの、「のだめ~」の指揮指導をした方です!!!!!!

イケメンです!!!!!


そしてオケは
山形交響楽団!!!プロです!!!


フィナーレがラヴェルのボレロだったんですが・・
(いきなりフィナーレの話しですみません)

それがとても素晴らしかったんです。

ちょっと「のだめ」の映画を思い出しちゃいましたが・・

感動でした。あんなに迫力のある曲なんですね。
ドラムの音がず~っと一定のリズムで刻まれますが
機械みたいに正確に細かなリズムを叩いていて・・すごかったです~

指揮者の飯森さんが、10歳の時にこの曲を聞いて
指揮者になろうと思ったんですって。
すごい人は小さいときにすでに志を持っているのですね・・・。


その他、演目は

ハチャトリアン 剣の舞
ビゼー カルメン前奏曲
ドボルザーク スラブ舞曲第1番
ブラームス ハンガリー舞曲第1番

そのほかに地元の合唱団と 宮川彬良編の春夏秋冬
ナレーションの付いた音楽ファンタジーで サンサーンス 平成版謝肉祭

アンコールはラデツキー行進曲、みんなで「ふるさと」←ボレロの伴奏で!

でした。

山形交響楽団って今
東京のほうでも話題になっていて人気が出ていると聞きました。

私はオーケストラは詳しくわからないですが
音色がとても美しく心に響きましたよ。
それぞれの楽器の音も揃っていて心地良い感じがしました。

前回の記事で
スーパー指揮者のことを書きましたが

やっぱり飯森さんも
すごく団員の方や司会の方、飛び入り参加した子どもたちを気遣っていて
時にはユーモアもあり
周りとのコミュニケーションをしっかりととっているのがわかりました。
やはり指揮者だな~と思いました。

一緒に見ていた夫が

おれも指揮者だったらやってみたいな~

というので、どうして?と聞くと
「自分の意のままにできるから」と言う答えが返ってきました。

私は、えらそ~に
「チッチッチ・・・何いってんの~。指揮者はそんなんじゃやっていけないよ」
とちょっと知ったふりをしてうんちくをたれました。
2~3日前に仕入れた知識を使って・・・。

さて・・指揮者の方を見ていて思ったのですが

指揮者が髪の長い人が多いのは・・・

髪が指揮の動きで揺れることまでも芸術の一部として計算しているから?????

だと勝手に推測しました。
みなさんはどう思います??

飯森さんは髪がさらさらですよ~~。ちょっとロン毛です~。
指揮するたびにさらさら揺れます。綺麗です。

アンコールでは、合唱団と観客がみんな総立ちで
ふるさとを歌ったんですよ。
観客の方を向いて指揮をしてくれたので
普段は見られないオーケストラ指揮者の表側から指揮を見ることが出来ました。

今日は素敵な音楽を聞いて
気分良く帰途につきました。


帰省しますので、コメントのお返事は帰ってからします。ごめんなさい。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村




発表会は明るく
2011/04/11 - 08:18    トラックバック[0]    コメント[2]     EDIT
カテゴリ [コンサート・演奏会]
発表会の日の朝、
朝日新聞朝刊を読みました。(4月10日)

するとそこに
友人の記事がありました。

避難所からではなく

津波にあったときに
一緒にいたそのお母様の証言でした。

左側一面には
小学校が津波に襲われて
家の人と車で帰った人だけが助かった、と言う記事。

右側一面には
小学校に残った人たちは高台に逃げ無事、
家の人と車で帰った子だけが津波にのまれた、と言う記事。


右側の紙面でした。


お子さん3人が一緒だったと。

そのうちお子さん二人が遺体で見つかり
いまだ友人は発見されぬまま。

前の記事でも書きましたが
連弾を約束した友人です。

発表会の朝にそんな記事を
読んでしまいました。

何度も読み返しました。

とても気分が沈みました。


でも泣いて家に残っているわけにも行かないので
支度して、会場へ向かいました。


先生のご親戚も
被災され、家が流されたり
またご友人も亡くなられています。

それでも精一杯今日の発表会を明るく迎えられている。
わたしだけがつらいのではない、と思い
暗い話を一切しないことに決めました。


ソロの部ではかわいい子どもたちが10名
最後のお子さんはブルグミュラー「タランテラ」を熱演。

わあ~!こんなに上手な子の後なのか!!!とその次にドキドキしながら演奏。
ベートーベン ソナタ Op49-2 第2楽章

頭の片隅で
今朝の新聞に載った友人のことを思いながら。

大きなミスはせずに済みました。でも85点かな・・。


大人の生徒さんが私の他に2人いて、
どちらも再開組。

ショパンのワルツや、ドビュッシーのアラベスクを素敵に演奏されました!!!!
やはり初心者とは違いますね・・・。

その後、連弾の部になり

地震の影響でまともに練習しなかったおかげで(←言い訳)
ぼろぼろ・・

後半はメロディラインさえつかめぬまま・・
幻想即興曲が 幻滅即興曲に・・・。
点数は10点ぐらい。

すみません、来年はがんばります。


その後、みんなで歌を歌ったりハンドベルをしたり
反省会まで行って終了しました。


先生の演奏も何曲かありましたが
とても素敵でした♪
同じピアノを弾いているとは思えないほど素敵な音色でした。


家に帰ってまた新聞の記事を何度も読み返し
それでも信じられないのですが
はやくお体だけでも家族の元に帰ることを願っています。

彼女の分もピアノを弾いていきたいです。

そして生きて残った被災者の方々に
支援を続けます。

ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。