プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
281位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  11
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢をあきらめて
2013/10/28 - 17:47    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [雑記]
みなさん!!こんにちは!!!

長いお休みから戻ってまいりました!!!

はぴぴあの♪の復活です(^o^)丿



実は・・

ブログから遠ざかっていた理由は
少しの時間でも、教員採用試験のための勉強に費やして
教職へ復帰しようと思ったからです。


でも・・


この夢はあきらめることにしました。


それは・・


妻がバリバリ働かないことを望む配偶者と結婚してしまったから。

そして・・

私の住んでいる県はとても広く、
県立の教員の赴任地は、たとえ夫婦であっても子供がいても
関係なく遠くに転勤を余儀なくされるから。

40という年齢を目の前にして
夫と話し合いの結果
非常勤講師を続けることで合意したのです。

(実をいうと、離婚するとか、夫が仕事を辞めるとかまで話が進んだんです。
採用試験に受かってもいないのにね!!)


先生の夢・・・一度・・いや、二度は夢をかなえたけれど
結婚と育児のために2度退職してしまい
かなえた夢を続けることができなかった・・・。


色々思っていることを書きたいけれど
娘も読んでるし、きりがないので
もう気持ちを変えて


お給料は少ないけれど

働きながら家事もして子育てもして
ピアノの趣味も極めて
英語をとことん追求していく人生を歩むことに決めました。

だから・・

教採の試験の勉強をしなくて済むことになったので
またその時間をブログに費やします。(^o^)丿

ちょうど人生半分折り返し地点。
後半の人生をどう生きるか、考えていきます。


まずは目の前、英検1級の取得を目指します。

ピアノは・・・


ピアノもしばらくおろそかでした。

でもこれからは本腰を入れて練習します!!


もうこのブログを訪れてくださる方も減ってしまったかもしれませんが・・
ブログも頑張って更新します。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント













気持ちの整理、ついて良かったですね。

私もキャリアを諦めて、その場しのぎの仕事をしているから、気持ちはわかります。
本当は院に進んで、臨床ではなく学者になりたかったんですよね・・(苦笑)

仮に、妻がバリバリと働く事を良しとし、そのための協力を惜しまない人と結婚したのであっても、長い結婚生活の間、どちらもバリバリ働きながら家庭生活を維持していくのって難しいんじゃないかな・・・。

自分が仕事に打ち込みたい時に、相手も余裕のない仕事を抱えていたら、多分、お互いのことどころか、子供の事も省みるのが難しくなると思うんです。
そうなると相手に対する不満も大きくなってしまいますからね。

結果、世に言う”すれ違い離婚”に繋がる・・・。

叶えた夢を続ける事ができなかったとおっしゃってますけど、今だって、教育の現場にいるのだし、充分夢の中にいると思うんですけど、そうじゃないのかな?
非常勤と常勤って、それほど仕事の内容に違いがあるんですか?
それに、仕事と引き換えできる事(結婚や育児)に出会えた事で、得たものもありと思いますよ?
引き換えにできないほど仕事が大事だったら、今のけんば~んさんの選択はなかったんですから。


私は、ぶうぶう愚痴を言いながらも、やりたい事が出来る今の生活が結構気に入っているんですよね(笑)

やりたい仕事は捨てましたけど、結婚した事も子供を持った事も後悔していません。
そうでなかったら、経験できなかった事もたくさんありますから。

また、ブログ再開?
楽しみにしてますね♪
  2013/10/28 - Mon - 18:45  Edit
tukushiさんへ
tukushiさん、こんばんは!!
さっそくコメントありがとうございます。
コメントいただいた次の日あたり、お返事を書いたのですが
スマホでやっていたらそのうち寝てしまって
せっかく打ち込んだのにいつのまにか消えてしまいました・・・。
ショック・・

> 気持ちの整理、ついて良かったですね。
> 私もキャリアを諦めて、その場しのぎの仕事をしているから、気持ちはわかります。
> 本当は院に進んで、臨床ではなく学者になりたかったんですよね・・(苦笑)

はい。納得いかない部分もありますが
整理はつきました。
tukushiさんも、キャリアをあきらめたんですよね。気持ちわかってもらえてうれしいです。
学者・・・合ってますよ・・。

> 仮に、妻がバリバリと働く事を良しとし、そのための協力を惜しまない人と結婚したのであっても、長い結婚生活の間、どちらもバリバリ働きながら家庭生活を維持していくのって難しいんじゃないかな・・・。

はい。でも、どちらかの親の援助があればできたかなと思います。
義母か自分の母親に協力してもらっている人は実際仕事続けているひとも多いです・・。
義母は近くに住んでいるのですが、結婚するときから「子供の面倒は見ない」と
宣言されましたし。
そういう親をもつ人と結婚したのも運のつきなんでしょうね。

> 自分が仕事に打ち込みたい時に、相手も余裕のない仕事を抱えていたら、多分、お互いのことどころか、子供の事も省みるのが難しくなると思うんです。
> そうなると相手に対する不満も大きくなってしまいますからね。
> 結果、世に言う”すれ違い離婚”に繋がる・・・。

単身赴任になったら完全にすれ違うでしょうね~~・
ま、こうやって暮らしていても相手に対する不満がかなりい大きいですが。(-_-;)

> 叶えた夢を続ける事ができなかったとおっしゃってますけど、今だって、教育の現場にいるのだし、充分夢の中にいると思うんですけど、そうじゃないのかな?
> 非常勤と常勤って、それほど仕事の内容に違いがあるんですか?

英語を教えるという点では変わりありませんが
非常勤は担任をもつことができません。生徒とのかかわりも薄くなりますね・。
常勤であれば、普通の先生を同じ仕事をこなしますが、期間が不規則で短期間です。

> それに、仕事と引き換えできる事(結婚や育児)に出会えた事で、得たものもありと思いますよ?
> 引き換えにできないほど仕事が大事だったら、今のけんば~んさんの選択はなかったんですから。

そうそう、まず第一にピアノと出会えたことは大きいです。
辞めてなかったら絶対ピアノ弾いてませんでした。
娘も、自分の手で育てた実感があります。(育休明けの1年半は預けましたが・・)

> 私は、ぶうぶう愚痴を言いながらも、やりたい事が出来る今の生活が結構気に入っているんですよね(笑)
> やりたい仕事は捨てましたけど、結婚した事も子供を持った事も後悔していません。
> そうでなかったら、経験できなかった事もたくさんありますから。

そうですね。私も、お給料が不安定でいざというとき離婚に踏み切れないことと、病気になったら仕事に就けないという不安を除いては、今の生活も良いと思います。特に精神的には安定した生活が送れると思います。

でもまだちょっと「続けていたら今頃は・・」なんて考えちゃったりもするのですが。

> また、ブログ再開?
> 楽しみにしてますね♪

忙しくてなかなか更新できてませんが、頑張ります!!!
  2013/11/02 - Sat - 23:15  Edit
あ~~、親ねぇ~。
確かに親の世話になって仕事を続ける人もいますけど、それはそれでいつまでも親離れできない子供みたい・・・(爆)
私は、自分も孫の面倒を見るのはごめんだと思っているので、最初から親はあてにしてませんでした。

他人の子供の面倒をみるのって、体力的な事だけでなく、万が一を考えれば精神的な負担も大きいですし、自分に予定があっても、引き受けた責任上、嫁の方を優先しなくてはならないですから。
やっと子育てを終えて自由な余生を送れるというのに、また子育てって言うのも・・・・。
教育方針も嫁と一致するとは思えないですし、自分の考えと違う方法で他人の子供の世話をする事になったら、うんざり。
それに、犠牲払って孫の面倒みたら、老後の世話はキッチリしてねって、過剰に期待しちゃいますしね(苦笑)

ま、親の援助をあてにしたり、旦那の協力をあてにしてでも仕事をバリバリやりたかったのなら、親の近くに住むとか、そう言う考えの相手を選ぶとか、同居するとか、そう言う事も考えて結婚したと思いますし、独身を通すことだって出来たわけなので、私にとっての仕事はその程度のモノだったのだと思っています。

どれほどの業績をあげようと、私でなければどうにもならないって仕事なんてないですから、も、どうでもいいの(大爆)

旦那についてはイロイロ不満はありますが、どれも最初から解っていた事ですし、そう言う人だと解っていて結婚したので、私に都合よく変わてくれなかったからといって、離婚の理由にはなりません。
私はその気になればいつでも別れられますけど、こいつは私の人生に与えられた”最大の課題”だと思っているので、一生添い遂げるつもりです(笑)

あっ!
旦那もそう思っているかも(大爆)

  2013/11/04 - Mon - 16:18  Edit
tukushiさんへ
自分に与えられた人生最大の課題
だなんてかっこいいことおっしゃいますね!
さすがですね!
全てを受け入れて
自分の道を歩んでいるんですね!

さて私は孫の面倒を見るのを
今から楽しみにしてます。
自分の子どもは一人しか産まなかったので
もう少し育児を楽しみたいです。
時間の余裕がある老後に。
だから安心して子どもをたくさん産んでねって娘に言ってます。
ただ、体力はなくなってるだろうから
大変かもしれませんが^_^;
  2013/11/23 - Sat - 01:37  Edit
ども、こんばんはです!!
大変だったようですね(´・ω・`)
私なりの考えもありますが、人それぞれ考えがあり状況があり関係があり環境があり・・・・・
正しい選択ってのはそうそう存在しなくて、「決断した」その事に価値を見いだす私です。

がんば♬
  2013/11/28 - Thu - 20:57  Edit
kassii3さんへ
kassii3さん!
コメントありがとうございます!!

さすが人生の先輩です!

「決断した」ことに価値を見出す!!

素晴らしいものの見方ですね。
目からうろこが落ちました。
そう、何事も思い通りにはいくわけないし
なにが正解かなんて誰にもわからないし決められない。

そのように決めた、ということが大事なのですよね。
納得できました。

このあともたくさん人生の判断が待っていると思いますが
この考え方で行こうと思います。

本当にありがとうございます。
がんばります!!
  2013/11/29 - Fri - 12:21  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。