プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
5580位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
297位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  07
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被災地に行ってきました。
2013/09/15 - 23:01    トラックバック[0]    コメント[2]     EDIT
カテゴリ [雑記]
連休でちょっと余裕が出来たので
更新します!

もうだいぶさぼっているので
誰も見に来てくれないかも・・・。


もう9月ですね。

ブラームスのワルツが順調に進んでおり、
仕上がってきましたね、と先生にも言われました。

弾く前は、本当に弾けるのか不安でしたが
先生のご指導のおかげで
前に進んでいます。

いつか動画もアップできるかしら!?

先生の取り計らいで、
11月にはお友達と先生と3人で弾きあい会の予定!!!
楽しみです!!!!!

さて、先日、震災後初めて
自分が住んでいた被災地に行ってきました。


何もない・・・。





夫婦で経営していたクリーニング屋さん。

夜中に駆け込んだ小児科医。

よく行ったラーメン屋さん。

チーズケーキしか売っていないケーキ屋さん。

すぐとなりに合った駅舎も。


何もない・・・・。



防災センターだから、とたくさんの人が逃げ込んで、
たくさんの人が亡くなった建物もすぐそばでした。



絶対自分もそこに住んでいたらダメだったと確信しました。




職場があったとなり町。


そこも何もありませんでした。


解凍したホットケーキが出てきた喫茶店。

卵で巻いたお寿司がとてもおいしかったお寿司屋さん。

同じ仕事をしていた友人の、カナディアン風の新居も。


すべてなかった・・。




津波に合って、焼けたと思われる建物はまだ残っていましたが・・。



テレビでは見ていたけれど、
やっぱり行って見て自分の目で見ると全然違いますね。

がれきは片付いていますが
復興が進んでいるとは決して言えない状態でした。

たくさんのトラックが行きかい、
バスで遠くから来た若者や団体客の姿がたくさんいました。



仮設住宅に住んでいる知人に会って
始めて仮設住宅に入ってみて
その住宅の狭さにびっくりしました。

その方は、震災後一生懸命復興のために働いて
働きすぎて
心を病んでしまって
体に不調が表れて
仕事も辞めて
震災以降家に戻れなかったのが原因で
旦那さんと離婚してしまったそうです。


今は少しいい方向に向かっていて
お会いした時は元気そうでした。


でも震災がなかったら
幸せな人生だったはず。




私の暮らした町はもうなくなってしまっていました。
心の中の思い出が
被災した風景にかわってしまいました。



でも・・・行ってよかったです。
現実を見られたので。
いつまでも「あれは夢だったんだ」なんて思わないことにします。


世間は東京オリンピックで湧いているけど
被災地を忘れないでほしいです。


スポンサーサイト
コメント













僕はまだ被災地にいったことがありません。
自家用車で数時間の距離なのに。
TVで見聞きしていても、本当にすぐそこで起きた事なのに現実感が感じられないのです。
それは何の不自由もなく暮らしているからだと思います。
被災の現実をお伺いすると本当に気の毒と思います。
震災当初は少額だけど募金しただけで今は何もしていません。
脳梗塞から復職して半年が過ぎようとしています。
残念ながら後遺症が残ってしまい、痛みとお付き合いしながらの生活です。
でも日常生活に支障があるほどでもないので大丈夫です。
被災された方々には何もできていないけど、毎日元気に働く事が、すこ〜しだけ社会貢献になって、それで、また、すこ〜しだけ被災された方々に貢献出来てるって思う事にします。
けんば〜んさんはとても元気そうで良かったです。
(頭痛くなるの気になるけど....)
また僕のブログにも遊びにきて下さいね、すこしは役に立つ事書くように頑張ってます。
また、長文、ヘンテコなコメントになってすみません。
  2013/09/28 - Sat - 13:33  Edit
レフティさんへ
レフティさんこんにちは!
お返事遅くなってすみません。
コメントありがとうございます。

最近忙しくて
ブログ巡りもやめているので
こうしてコメントいただけて嬉しいです。

そうですよ、一生懸命精一杯生きること、仕事をすること、大事だと思います。
そして被災地のことを忘れずに生活することが大事だと思います。
各個人の出来る範囲の支援をして行けばいいと思います。

レフティさんは病気もされたので
まず、無理をせずに毎日を快適に
過ごせるようにしてくださいね!
ありがとうございました!
  2013/10/07 - Mon - 13:37  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。