プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4437位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
246位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  11
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンビニでも!「はだしのゲン」
2013/08/17 - 11:04    トラックバック[0]    コメント[0]     EDIT
カテゴリ [未分類]
前回の記事を書いて後から
暑さがやってまいりました。

でもまだ関東や関西方面に比べたら
ましな暑さですね・・。


さて、今日ニュースで「はだしのゲン」のことやっていますが
今週火曜日お墓参りに行った帰りに
コンビニに寄ったら、分厚い「はだしのゲン」のコミックが
置いてあったんです。
はだしのゲン



「はだしのゲン」は存在も知っていたし、
(たぶん子供のころ少し読んだことがあるとおもう)
2か月ほど前に「私の遺書」も読んでいたけれど

ゲン遺書

ストーリーを通して読んだことがなかったのと
ぜひ家に置いておきたい漫画だったので
2冊とも買いました。

「非国民じゃないぞ編」と「ピカドン地獄編」に分かれています。

子供のころ読んだかもしれないといううっすらとした記憶ですが
当時は、漫画なので、半分は作り話だろう、という感じが(たぶん)あったかと思います。

あの有名な絵本「ひろしまのピカ」もかなり強烈に覚えていて
怖かったけれども、それでさえやはり他国の出来事のように
子供の時はとらえていたかもしれません。

でも、
大人になり、
広島も、長崎も原爆記念館も行って
大震災を経て
原発事故を知り、
それ以前の東海村臨界事故などのことも詳しく知り、
原作者著作「わたしの遺書」も読んでみて

あらためて「はだしのゲン」に書いてあることが
現実だったということを、いまこの年になってあらためて
思い知らされるわけです。

どれだけ悲惨なことが人々の身におきたかが想像できるのです。

この本はぜひ読み継がれるべき。
戦争というものが、国民の心をどのように変えてしまうかを
子供たちは知らなければなりません。

だから、このように、コンビニでもこのような安価な値段で売ってもらうのは
大賛成です。一家に一冊おいてもいいくらい。


この本を読んで、終戦記念日は厳粛な気持ちで過ごしました。
「火垂るの墓」も毎年放映すればいいのに・・・・。

NHK以外のテレビは、終戦の日、
ゴールデンタイムは全然戦争関連の番組はやりませんでしたよね。(夜のニュースを覗いては)
ちょっと残念です。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント













トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。