プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
182位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  06
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こっちのやる気は失せてきた
2012/10/01 - 09:33    トラックバック[0]    コメント[4]     EDIT
カテゴリ [雑記]
ピアノのやる気はまんまん~!!

でも

もうひとつの趣味であるバドミントンのやる気が失せてきました。



ママさん大会も終わり
涼しくなってきて
スポーツに最適な季節がやってきましたが・・・・

バドミントンを始めて26年。
姉が始めたスポーツで半ば無理やり入部させられたところから始まり・・

途中高校時代にお休みしたこともあったけど

夫ともバドミントンが縁で出会ったし
仲間と楽しくやることで
続けてこられました。


スポーツが強い人たちって
性格も気が強い人が多いです。

私があんまり強くないのは
運動神経もあるけど、気も強くないから・・。じゃないかなあ~
と思ったりします。

先日、練習で、友人が打ったシャトルが
顔の前をかすめました。

「危なかったよ~」
と言ったら、その友人は
「狙ったんだ♪」と楽しそうに言います。

バドミントンでは、ボディを狙って打つことはあります。
スマッシュは時速200KMになることもあります。
体に当たると結構痛いです。
まれに、目に当たって、視力を弱めてしまうとか
コンタクトレンズが眼の中で割れてしまうとか
そういう事故もあります。

狙ったんだ・・そういった友人に
ちょっとぞっとしました。

私だったら謝るけどな・・。

スポーツは勝つために、卑怯な手段をとることがあります。

とくにバドミントンは
だましあいのスポーツですから
素直にプレーしていては負けてしまいます。

また、
そうではないと分かっていて判定に不服を言ったり
自分に有利になる判定なら知らんぷりをしたりすることも
強ければ強いほど、よくある話です。

相手のミスやけがに喜びます。

勝つためにはどんな手段でも取れるものは取るのです。

ある意味生存競争・・・・。



いや・・バドミントンしなくても生きていけますから・・。



こんなスポーツ、続けていいのかな。
強くなるために時間を割いてトレーニングや練習をするべきかな。


趣味のスポーツ、
もっと違う種目に変えたほうがいいかな~と思っています。
でも、ここから抜け出すのも容易でないような気がします。


音楽の世界は
他人を痛めつけることがないからいいですよね。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント













No title
う~~~ん
勝負事の難しいところですね。
それを含めて楽しめる人とそうでない人と・・・

私がテニスをしていた時は、上手い人の余りに無理なボールは「卑怯だ~~~」と非難してましたが(^^ゞ
  2012/10/01 - Mon - 09:49  Edit
kassii3さんへ
kassii3さん、こんにちは。

はい。きっと負け犬の遠吠えみたいな感じです。(-_-;)

でも~
私には勝ち負けがすべてとは思えないんですよね~。
それで生活しているプロでもないし。趣味だし。

コーチが礼儀とか挨拶とか教えないで
技術だけ教えてられうまくなる子供たちがいますが
そういうのも嫌なんですよね~~。
最近そういうのも多いんです。


> 勝負事の難しいところですね。
> それを含めて楽しめる人とそうでない人と・・・

私は楽しめない人ですね・・・。

> 私がテニスをしていた時は、上手い人の余りに無理なボールは「卑怯だ~~~」と非難してましたが(^^ゞ
うまい人の素敵な(卑劣でない)プレーは、尊敬に値しますよ。芸術の域です。
  2012/10/01 - Mon - 13:44  Edit
No title
勝負の世界は厳しいから・・・。

直接対戦するようなものではなく、フィギアスケートやダンス、助け合って1つの舞台を作っていくようなお芝居のようなものであっても、やっぱりありますよね、そういうの。
自分の利益につながる他人の不幸を喜んだり、他人を蹴落としてのし上がることも・・・。
純粋に自分の技量で戦おうとすることは難しい事も多い。

音楽の世界だって、コンクールやポストを狙えばやっぱり争いの中に身を置くことになります。
子供のコンクールなんて、本当に凄いのがあって、誰もお互いに挨拶もしないし、親同士が火花散らしてたりして・・(苦笑)
演奏家の登竜門のように言われているコンクールに至ってはなんて、人間としてどうよ?な人がいっぱいいます(^^ゞ
仕事していても、ポストや契約やもろもろ利害が絡んでくるとそうだし・・。
どんな世界も戦う相手が強ければ強いほど勝つために手段を選んではいられないですから。
誰だって、自分より弱い相手にわざわざ卑怯な手を使おうとは思わないし、比較できないほど強い相手には挑まない。
プライドがあって本当に強い人は卑怯な事しませんが(爆)
みんなで刺激し合ってお互いを高めあっていければ理想ですが、”勝ち”に執着すれば中々それは難しいです。

私は騙し合いも含めて楽しめるタイプなので、そう言うのも好きですけどね(笑)
特に嫌いな事とか嫌いな相手とかだと燃えますよ~~。
”どんな手段を取ろうとも、絶対負けません!!!!”みたいな?(苦笑)
好きな人の成功は嬉しいけど、嫌いな奴には負けたくないんです。
ええ、どんな手を使っても!
同じものを目指す”同士”じゃなくて”倒すべき敵”として大義が立ちますしね(笑)

だから、ピアノみたいに、それ自体が好きな場合は競争したくないし、仕事にもしたくないんですよね。
好きな気持ちを汚したくないっていうか、綺麗なところだけ見ていたいと言うか・・。


結局、やっている事に勝負や優劣を持ち込むかどうかは意識の問題なのではないでしょうか?
バトミントンも、大会などを目指すものではなく、単純にプレイを楽しむサークルとかもあるんじゃないかと思います。
けんば~んさんのようにただ楽しみたい人もいると思いますから、そんな人達を集めて楽しく続けたらいいと思います。

私は大学の有志が集まってやってるサークルとかに時々参加することがあるんですけど、話ししながらプレイしたり、”足元狙うよ~~、取れるもんならとってみろ~~”みたいにふざけてみたりで、上達していく楽しみはないですけど、それはそれで楽しいですよ?

26年も続けてきたのだから、楽しく続けられる方法を見つけてくださいね♪

  2012/10/01 - Mon - 19:02  Edit
tukushiさんへ
tukushiさん、こんにちは!

tukushiさんいつもいろいろな意見をくださりありがとうございます。

人間、生きていく限り
つねに勝負の世界なんですよね~。結局。

tukushiさんはそういう勝負に強そうですね~(^o^)丿
あくまでも印象ですが。

> だから、ピアノみたいに、それ自体が好きな場合は競争したくないし、仕事にもしたくないんですよね。
> 好きな気持ちを汚したくないっていうか、綺麗なところだけ見ていたいと言うか・・。

これ、すごくわかります。
きれいなところだけをも見ていたい。はい。
常に私はきれいなところだけを見ていたい・・。
ダークな世界は耐えられません・・。(-_-;)


> 結局、やっている事に勝負や優劣を持ち込むかどうかは意識の問題なのではないでしょうか?
> バトミントンも、大会などを目指すものではなく、単純にプレイを楽しむサークルとかもあるんじゃないかと思います。

ええ、私の参加しているところは、楽しむサークルのはずなんです。
だから困っているんです。でもちょっと技術の高いサークルなので・・。
そんなこと言って、ちょっと低いところに参加すれば、自分が楽しめないのもわかっているんです・・。

いまのところで、闘争心をむき出しにしないでやっていきたい、
それが本音ですね~。
自分の心の持ち方かな、と思います。

> 26年も続けてきたのだから、楽しく続けられる方法を見つけてくださいね♪

ありがとうございます!!
  2012/10/04 - Thu - 09:31  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。