プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
178位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  12
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
余韻
2012/09/11 - 23:24    トラックバック[0]    コメント[8]     EDIT
カテゴリ [雑記]
宮部みゆきさんの小説
読み終わりました~。


分厚い2冊の上下巻で


読み始めから
殺人の話が入っていることはわかっていましたが

最後の最後は
もっと残虐な犯罪が出てきて・・・

ショック~


ショック~


後半で読むのやめようかとも思いましたが・・
話自体は惹かれるので
一気に読んでしまいました。


読むのやめていればよかった~。


映画とか、小説とかテレビとか
入り込んで見た(読んだ)あとは
読み終えた後
しばらくその世界から抜け出せなくなるんですよね。


みなさんはどうなんでしょう~!?


今はまるで話の中の犯罪が
身近で起きたみたいな感覚に襲われています~~


いやだいやだ~~


だから、殺人とかそういう話は苦手なんです。
今もまだ話の世界から抜け切れない・・・。


私怖がりでしょうか・・。

スリルとか、サスペンスとか・・・・私にはいらない~~!!!


はやく別の世界に浸りたい~。




今の私↑

やっぱり児童書がいいかしら。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
コメント













No title
こんにちは。
けんば~んさんは、ファンタジーは読まない方
ですか?
私は前に「空色勾玉」という日本のファンタジーを
読みました。別世界でしたが、お子ちゃまな感じは
なく、イッキ読みしてしまいましたね~。
参考までに。作者名、、忘れた、、汗
荻原規子だっけか?
  2012/09/12 - Wed - 08:10  Edit
多彩な作品が多いですね
宮部みゆきさんは多彩な作品が多いですよね、歴史小説なんかも書いていたりして。
昔の江戸の地図を見ながらうろちょろするエッセイがありまして結構笑って読んだ記憶があります。
犯罪ものは一時期ハマってよく読みましたけど最近は全然です。
20代の頃は残虐な犯罪や悲惨な結末の小説や映画を探して見ていましたけど、今は絶対嫌です、避けまくります。
小説や映画で怖い思いをするとストレスで免疫力がさがるそうです、気をつけましょう。

  2012/09/12 - Wed - 20:20  Edit
No title
読むの早いですね〜〜!!
時間の使い方が上手いというか‥

それにしても、そんなにリアルに移入しちゃうんですね!
それは確かに殺人事件なんか読みたくなくなるでしょう(^^;)

前回ここでの
けんば〜んさんの旦那さんが「想像できない」とか
けんば〜んさんやtukushiさんが「違う世界に現実逃避できる」とかというお話を読んでて、

ふと、自分はどうなんだろう、と考えてしまいました。
果たして想像の世界に飛べているのか…。
または、想像出来てない類なのだろうか‥。
もちろん、読んでた世界が現実に思えてくるなんて事まったくないし……

そもそもあまりいろんな物読まないんですけどね。
気に入ったもののヘビロテです。

今弟から薦められて借りてるものあるんですが、ヘビロテのものから離れられなくて放置してるくらいです(爆)


移入かあ……
みなさん、集中力すごいんですね。
  2012/09/13 - Thu - 08:23  Edit
白チェブさんへ
白チェブさん、こんにちは~
ファンタジーは
あまり読まないです・・
子供の心を忘れてしまったかな・・。

ハリーポッターも読んでは見ましたが
入り込めなかったです・・。

でも、白チェブさんのおすすめなら
いつか読んでみようと思います。

荻原規子の「空色勾玉」ですね!!
リストに加えておきます!

また、面白い本があったら教えてください!

  2012/09/13 - Thu - 12:29  Edit
レフティさんへ
レフティさん、こんにちは。

レフティさんも宮部みゆきさんの作品読まれているんですね。

年齢によって好みが変わってきているのですね。

> 小説や映画で怖い思いをするとストレスで免疫力がさがるそうです、気をつけましょう。

は~、絶対そうだと思っていました。
読み終えた後のあの疲労感。
絶対体に悪いと思っていました~~。
平気な方は平気なのでしょうけど・・・。

宮部さん以外にも
おすすめの本とか作家とかありましたら
おしえてくださいね~。

  2012/09/13 - Thu - 12:37  Edit
かめいちさんへ
かめいちさん、こんにちは!

> 読むの早いですね〜〜!!
> 時間の使い方が上手いというか‥

逃避しまくっています。
目の前にやらなきゃならないことあるのですが・・


> それにしても、そんなにリアルに移入しちゃうんですね!
> それは確かに殺人事件なんか読みたくなくなるでしょう(^^;)

ほかの人はどうなのだろうって、思っていました。
結構その世界にはいっちゃって、
かなりぼ~っとうつろな目をして佇んでいるかもしれない、私・・。

> 気に入ったもののヘビロテです。

へえ~
ヘビロテってそういう使い方するんですね。
ヘビーもローテーションも意味わかるのに
こんな風に使うのは最近知りました。
和製英語?それとも英語で使ってるのかしら~?
歌がはやってから使われだしたのかしら~~??

って、話題がそれました(笑)
  2012/09/13 - Thu - 12:43  Edit
No title
余韻・・・けんば〜んさんのお気持ち、良くわかります!
私も同じタイプです。
就寝前の読書はかかせませんが、読後感の悪い作品は、うまく眠りに入れなくなり、困ります。
怖い描写の多い話ほど、途中でやめられなくなる感じもわかります。
ストーリーが上手くできていて、続きが気になるんですよね。
(怖いものみたさ、なのかな)

京極夏彦の、[嗤う伊右衛門]の文庫本に一緒に集録されていたお話しなどは(タイトル忘れました)、
今でも時々寝る前に思い出してしまい、恐怖におののいています(汗)

今は、マリー・アントワネットの伝記物に夢中です。
違う作家さんで、今は4人目の作品を読んでいます。
いずれ、記事にしたいと思いますが、それぞれ解釈が違うので、とても興味深いです。
  2012/09/21 - Fri - 20:21  Edit
ダークチェリータルトさんへ
ダークチェリータルトさん、こんにちは!

余韻、同感してもらえてうれしいです。
こんなに気持ちが入りこんじゃう人は
そういないのかと思っていたので・・。

> 怖い描写の多い話ほど、途中でやめられなくなる感じもわかります。
> ストーリーが上手くできていて、続きが気になるんですよね。

そう、ストーリーの作りがうまかったり、
そのあとが知りたくなったり、
うまくできていますよね。

> 京極夏彦の、[嗤う伊右衛門]の文庫本に一緒に集録されていたお話しなどは(タイトル忘れました)、
> 今でも時々寝る前に思い出してしまい、恐怖におののいています(汗)

京極さんのは、一冊も読んだことないです。
タイトルからもう、「ミステリー」って感じがしますから・。

> 今は、マリー・アントワネットの伝記物に夢中です。

ああ、私も、マリー・アントワネットもの好きです。
藤本ひとみさんだったか・・?名前あっているかしら?
西洋の歴史上の女性をよく書きますよね。
フィクションだし、漫画ですが、ベルばらも好きです♡
あ、ちょっと分野が違いました。

> いずれ、記事にしたいと思いますが、それぞれ解釈が違うので、とても興味深いです。

記事楽しみにしています~。私も別な解釈のもの読んでみたいです。
  2012/09/22 - Sat - 13:35  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。