プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
6943位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
355位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  09
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初心者ピアノあるあるシリーズ5
2012/05/10 - 14:46    トラックバック[0]    コメント[4]     EDIT
カテゴリ [ひつじシリーズ]
 snap_kenbanban_20125491220.jpg

ファイル5 遺作

遺作って、一人の作曲家に1作品だけだと思っていた。




死ぬ前の最後の作品ということですよね??

曲の種類によってそれぞれあるんですね。


あなたも昔はそう思っていませんでしたか?


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント













どひゃ~~~!
けんば~~んさん
すご~~~く嬉しいけど、こんなに連投しちゃって~(^_-)
それに、ポッチは一回した有効じゃないし(爆)

遺作って~~~え~~と最後の作品とは思っていましたが、死後に発表(出版)にされた作品では(^^ゞ
  2012/05/10 - Thu - 19:29  Edit
私は該当する番号は1と4で~~す♪

スケールは・・・。
初心者だけではないと思います。
上級者でもず~~~~とやらないでいると忘れたりするので・・( ̄_ ̄||)
私は3オクターブ以上になるとでたらめになります。
中央から離れるとだめなんですよ・・(〃▽〃)←笑っている場合じゃない・・・(爆)

のだめちゃんのバックは流行りましたよね。
高かった気がします。
持っている人を見るとのだめちゃんの影響でピアノ始めた人かな~~と思ってしまいます(笑)
私は原作も映画もよく知らないんですけど、はやっていたのは知っています♪

”習いさえすれば何でも弾ける”とは思っていましたけど、習い始めたのが幼少のころなので、大人になったらいつの間にか弾けるものなんだと思っていたんですよね(笑)
それもある意味勘違いですね・・・・・(;^ω^)
練習しないと弾けるようにはならないんですよ、子供でも。
他のすべてに優先して、弾き続けられる人だけが栄光を掴むんです。
そしてそれを才能と言うのだと思います。
自分の限界は・・・。
これ以上は無理って思ったところだと思っているので、まだ知りません(爆)
ええ、傲慢な性格なんで~~。


クラッシックの”遺作”はちょっと変ですよね~。
生前発表しなかった作品が全部”遺作”だもの・・・。
本当は発表するつもりで作曲した作品のうち、死ぬ直前に書いたものだけが”遺作”なのに・・・・。
まあ、販売促進だったり、著作権の問題だったりと言う大人の事情もあるから仕方がないんでしょうけど(苦笑)

私は日本語の遺作の意味より先にクラッシックの遺作の意味を知ったので、遺作とは死んでから発表された作品全部の事だと思っていました(爆)
ええ、随分長いこと・・・。
未完成のものが”絶筆”と言うのもず~~~と後になって知りました(恥)
  2012/05/10 - Thu - 19:58  Edit
kassii3さんへ
kassii3さんへ
いつかネタが尽きる時が来ると思いますが・・
おつきあいください・・(*^_^*)

遺作の意味、意味初めて知りました~。
教えてくださりありがとうございます<m(__)m>

ぽっちもありがとうございます~~!!
  2012/05/12 - Sat - 15:57  Edit
tukushiさんへ
tukushiさんこんにちは!

tukushiさんも該当していただけましたか~~!

> 私は原作も映画もよく知らないんですけど、はやっていたのは知っています♪

のだめを見たことないのですね~~。
ドラマや映画もいいですが、私はコミックが一番好きですね~~!
でも曲をよく知らない私は、ドラマや映画で助けられています。
面白いのでぜひ見ていただきたいな~・・今からでも・・


> 他のすべてに優先して、弾き続けられる人だけが栄光を掴むんです。
> そしてそれを才能と言うのだと思います。

これってすごく言い当てた感じですね~。
それに、tukushiさんは無限に可能性がありそうです。ピアノ以外にも!(^o^)丿

> クラッシックの”遺作”はちょっと変ですよね~。
> 生前発表しなかった作品が全部”遺作”だもの・・・。

知りませんでした・・(-_-;)
教えていただきありがとうございます・・・

遺作でなくて、
別の意味の言葉がなかったのですかね・・。

死後出版作品

う~んいまいち。
  2012/05/12 - Sat - 16:10  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。