プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
182位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  06
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肩の力を抜く
2012/04/13 - 14:10    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [練習日記]
前回、悲愴の動画を載せたとき

ブログ仲間のかたから
私の方から肘にかけて力が入っているのではないか、

というご指摘をいただきました。


そしてピアノレッスンに行ったら
先生がブログのコメントを読んだということで、
肩に力が入らないように弾く方法を指導してくださいました。

強く弾きたいとき、

肩から力を入れるのではなく、
体重を前にかけ、鍵盤のほうに体重をのせる。

肩は上がらないようにする。


ということで

肩が上がらないよう意識しながら、弾いてみました。
そして肩の上りをチェックするために動画を撮りました。

同じ、悲愴です。
(演奏にはあまり気を使っていないので、全部聞かないでくださいね!ミスタッチあり)

肩が、すごく楽でした。
時々まだ肩上がってますけどね・・・
背筋もすこしはぴんとしてるかしら・・。




そして上下に揺れてない・・・気がします。


どうでしょうか・・

注)ピアノの上とか汚いですが・・気にしないでくださいね~~!
もうすこし片づけてから弾けばよかった・・・((+_+))
スポンサーサイト
コメント













おお~、随分楽な感じになりましたね♪
さすが先生!

ショパン様などは腕や手首の前後の動きだけでいろいろコントロールしやすいんですけど、ベー様は音の勢いが強いのでなかなかスムーズに力が抜けないんですよね・・・。
私はこれから本格的に古典の道(?)に入るので、当分この苦しみが続きます・・( ̄▼ ̄||)
1度ぐらいは先生のように優雅にベーソナを弾いてみたい・・・。

先生は私より小さくても手がよく開くので9度は届きます。
私も9度なので、和音をつかめる範囲は同じなんですが、それぞれの指の柔軟性が全然違ってるし、全部の指が均等に動いて安定感もあるので、指の性能は違うんです・・。
ペダルも上手いですし・・。
いえ、あたりまえなんですけど・・(;^ω^)

悲愴の2楽章はとても情感のある曲なのでゆったりと楽しんで弾いてください♪
発表会、楽しみですね。

私のイメージでは、お風呂でもんもんと考えた挙句、ベランダで風に当たりながら”いつまでも考えていたってしょうがないよ、も、なるようにしかならないんだから”みたいな諦観的妄想に耽っているイメージなんですけど、けんば~んさんは何を思って弾くのでしょうか?
あ、私が具体的に何を考えているかとかは聴かないでくださいね、恥かしいですから・・・・・(大爆)
  2012/04/14 - Sat - 18:38  Edit
先日の動画を聴こうと伺ったら、もうひとつ動画がある~!けんば~んさん、頑張ってますねん☆
さいごに、ちょこっと横歩きになって近づいてくるのが可愛いです(笑)
  2012/04/16 - Mon - 08:41  Edit
tukushiさんへ
tukushiさん、こんにちは!
tukushiさんのおかげで、気が付かせていただきました!!
今まで、なんで私のピアノ姿はカッコ悪いんだろうと思っていました。

もっと力が抜けたら
もっと見た感じ、よくなるかしら~!?

tukushiさんのイメージは
とても器用で柔軟性があって
優雅に弾いているイメージなんですよ・・・・!


> 悲愴の2楽章はとても情感のある曲なのでゆったりと楽しんで弾いてください♪

もっともっとゆったり弾いたほうがいいですよね。
発表会まで7か月!!がんばります!

>お風呂でもんもんと考えた挙句、ベランダで風に当たりながら”いつまでも考えていたってしょうがないよ、も、なるようにしかならないんだから”みたいな諦観的妄想に耽っているイメージなんですけど、けんば~んさんは何を思って弾くのでしょうか?

私・・鍵盤のどこを弾くか、ってことばかり頭に浮かんでいて
もっと妄想にふけらなきゃ~と思っています。

先日先生の部屋でべト様の伝記を読ませていただき
目が見えなくなる苦悩にさいなまれるべト様の心情をうかがい知りました。

そのせいか、
この悲愴第2楽章を聞いていると
苦悩の中にある、ひと時の幸せみたいなのかな~と思えたりもするのですが

想像力は未熟ですので・・頑張って妄想します!

tuksushiさんの妄想、参考になります。具体的にも、聞きたいですが!!!!(^o^)丿
  2012/04/17 - Tue - 15:25  Edit
いずみさんへ
いずみさん!!こんにちは!!


横歩き・・見ちゃいましたね!!

あれは反対側の階段にカメラを置いたんですが
消す時に自分が丸写しになることに気づき、
どうにか映らないように動いた結果、あんな間抜けな動作になってしまいました!!(*^_^*)

でも、この動画を
最後まで聞く人はいないだろうと思って
そのまま載せたのですが・・

いずみさんは辛抱強く聞いてくださったんですね~~(^o^)丿

特典映像だと思ってください!!

って・・特典というほどのものでもない


おまぬけ映像ですが・・・(-_-;)

  2012/04/17 - Tue - 15:28  Edit

え?耳ですよね??(*`ロ´ノ)ノ

飲んだくれの父親は早々に死んでしまうし、じいちゃんが死んでからは家族の生活はベー様の双肩にかかっていたわけで、音楽が出来なくなったら一家総崩れだったわけで、そりゃもう悩みは深かったのではないかと想像できます。

でも、悲愴を書いていた頃って、まだ完全に聴こえなくなったわけではなかったし、ベー様は絶対音感保持者でオーケストラの曲を作曲できる方ですから、作曲自体は出来たんですよね・・。
作曲によって収入を得ていたので、生活は安定していたし、全く希望がなかったわけではないのだと思います。

悲愴も1楽章は兎も角、2楽章3楽章は悲嘆にくれている感じは全然しないですから、おそらくはいろいろ吹っ切れてこの曲を書いたんじゃないかと思うんですよ。
いえ、べー様は人間的に変なので解かりませんけど・・(大爆)

私の演奏を聴く?
それはお勧めできませんねぇ・・・・・( ̄▼ ̄||)
あ、見た目は楽しそうですよ?
そして陶酔系の場合はぶつぶつ歌ってますし、かなり怪しいです(爆)
でもって、練習中は悪態ついています。
器用なのは器用なんだと思います。
いろいろやるのにあんまり困った経験はないので・・。
ただ、それゆえに何をやっても飽きるのが早くて成熟しないんですよ・・・(困)

ピアノはさっぱり出来ないから飽きないんですね、きっと(爆)


  2012/04/17 - Tue - 19:56  Edit
あはは~~~
間違えました!!

目じゃなくて、耳でした・・!!
ベートーベンと辻井さんは違いますから…(-_-;)

あはは~~


やはり、器用でしたね。ピンポーン、正解!!
でも出来ないから飽きないって・・!!!おもしろ~いです(^O^)
  2012/04/17 - Tue - 20:07  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。