プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4589位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
255位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  09
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリンセスと魔法のキス
2012/03/29 - 00:51    トラックバック[0]    コメント[2]     EDIT
カテゴリ [音楽]
「プリンセスと魔法のキス」

というディズニー映画をDVDで見ました。


映画として放映されていたときは
あまりぱっとしないな~と思って見なかったのですが

見てみたら、これがまた素敵なストーリーで!!感激したんです。


ジャズの発祥地(!?)ニューオリンズが舞台で
ミュージカルのような、歌あり、ダンスありの楽しい演出。

しかも主人公は黒人女性。


黒人女性が
召使とか身分の低いものとして差別されず
(まあ、映画の中では低所得者のようにはじめ描かれていますが)

美しい主人公と設定されていることに感激。


その女性はとても自立した女性で
一生懸命働いていつか自分の店をもつ夢を持っている。


従来の「王子様をまっているプリンセス」でないことに感激。



そして極めつけは

何もできない王子様が


料理を主人公から教わって
料理ができるようになる、っていうところにものすごく感激!!



王子様が料理ですよ!?
(まあ、そのときはカエルの姿でしたが、王子に戻った後も料理してました)


いままでありえないですよね。
王子様が料理をするなんて。


うちの夫にも見せてやりたかった!!

いまどきは、王子様だって料理をするんだよ、って。

ストーリー的には
悪者が悪さをして、
結局やっつけられて、主人公は幸せに暮らすんですが。


それからもうひとつ・・


主人公の味方の動物(正確には虫)
が死んでしまうんですよね。

これも今までにはあまりないパターンではないですか?
ディズニーで
味方の登場人物って死ななかったですよね?


だからその虫さんが死んだ時は

え?ここで死んじゃうんだ~!!って
とてもショックで悲しかったです。

フィクションによくありがちな、
涙が一滴落ちて生き返る、とかそんなこともなく。
死は死でしかなく。
(虫さんは星になるのですが)


それでもこの話は明るく終わります。


ディズニーの映画は、本当に良いですね。
音楽もストーリーも。

とても大満足の作品でした。







スポンサーサイト
コメント













ディズニーは後味が爽やかでいいですよね♪
そこがアンデルセンと違うところです・・・・・。
王子様が料理を?
今時の設定ですね (;^ω^)
旦那様に見せても効果はあまりないかと思いますが・・・。
うちもおそらく駄目です・・・。
期待するから腹が立つわけなので、最初からいないと思えばそれで・・・・。

ディズニーのキャラクターは人種も様々で身分も様々なのに、それでも”差別”を感じさせない構成になっているのは凄いなぁといつも思うのですが、現実の差別問題に対する批判もあるのかなぁと少し感じるんですよね(;^ω^)
あえてみんな平等な設定にはしていないあたりが・・・・。


  2012/03/29 - Thu - 20:56  Edit
tukushiさんへ
tukushiさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!!

アンデルセンは・・意外と残酷なところがあるんですよね・・たしか。

今はやりのイケメン俳優さんは
料理が得意、っていう人多いですよね。
きっとそれと同じ流れ・・!?

たしかに、映画の中では
「女のくせに」っていう雰囲気のセリフもありました。
確かに現実への批判だと思います。
でもそれに負けない主人公の姿も素晴らしかったです~~!!

tukushiさんの旦那様も、お料理しないんですね~~。
  2012/03/29 - Thu - 23:56  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。