プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
279位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  09
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年経っても
2012/03/12 - 10:31    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [雑記]
今朝のおそうじのBGMは
辻井伸行さんの神様のカルテのCD。


悲しすぎず
激しすぎない音楽を聞こうと思ったからです。


昨日は一日震災番組を見て過ごしました。

ちょっと出かけたユニクロも、ラーメン屋さんも、スーパーも
人が少なかったので
みなさん家で静かに過ごされたのでしょうか?


夫に攻められますが

私はまだ被災地に行っていません。
行けません。


でも、3月中に
知人のいる仮設住宅を訪れようと思っています。


でも、町の中心部や、住んでいた場所には
行きたくありません。


昨日、テレビを見ていたら

思いがけなく


津波で3人のお子さんと共に亡くなった友人の話がでてきました。


彼女の写真は持っていないので
テレビで見る、遺影の、久々の友人の顔。

わかってはいるけれど
ずっと信じたくなくて

信じたくないので現地にも行かなくて・・。

でもやっぱりこうして新聞や、テレビで現実を突きつけられる。


それでもテレビ越しなので
まだやはり、現実とはちょっと違う気がするんです。

だから、現地にいってしまえば
本当に津波で彼女が亡くなったことを
確認できてしまう気がして。

しかも彼女は、一人のお子さんといまだ行方不明。

拝みにいこうとも、その対象となるものさえありません。


こうしてブログに書いてるのは
自分の気持ちを整理したいためなんです。

どうしていいかわからない。

頻繁に合っていた友人というわけでもなくて
住んでいる場所も遠くて。
合って話せるのは年に1,2回だけど
いつもメールでやりとりしていたんです。
そして同じ仕事仲間として心の支えとなった人でもあります。

もし、残されたお母さんに会ったとして
なんて声をかけて良いかわかりません。
突然娘と孫を失い、しかもいまだ見つかっていないという状況で
なんてことばをかけていかもわかりません。

だから、あの町には行くことが出来ないんです。


ずるいことだと思うんですけど

テレビを見なかったことにすれば
まだ彼女は生きてる気がして
メールが来る気がして

現実から逃げながらまだ暮らしています。

いつか、現実を受け止めることが出来て
あの町に花を供えにいく日がくるでしょうか。


震災で家族を失った方々の悲しみは
はかりしれません。


今私に出来ることは
被災地の支援をすることだけです。


そして、彼女の分まで毎日を大切に生きることだけです。
スポンサーサイト
コメント













No title
私もけんば~~んさんに何と言ったらよいのかわからないんですけど・・・。
でも、やっぱり、見たくない現実を見る必要はないんじゃないかって思うから・・・・。
そんな風に思っている人もいるってことは、けんばんさ~んにとって救いにならないですか?

けんば~んさんは別に見てみぬ振りをしているわけじゃない。
人事だと無視しているわけでもない。
それで充分なんじゃないでしょうかね?

耐えられない現実を直視しなくてはいけないのはなぜでしょう?
見た事で負った傷は誰も癒してくれないのに・・。

どんなに哀しい現実も直視して乗り越えなくてはいけないなんて、声にだして言える人は本当に辛いことを知らないんだと思います。
越えられない壁にぶち当たったことも、理不尽な理由で大切なものを奪われたこともない人なんですよ。
自分自身の無力さに本当の意味で苦しんだ経験があったら、他人にそれを要求するなんて出来ないと思います。

もちろん、問題が自分自身の努力や資質でどうにかなるものに限局しているならば、超えられないものはないのだと思います。
戦う相手は自分自身ですから。
でも、他者の介在する世界は矛盾に満ちていて、理不尽な事が山のようにあふれていて、どうしたって越えられない現実が確かにあります。
現実を知れば行動を興すようになる?
そうとは限りませんよ。
知ってしまったことで身動きが取れなくなることもあります。
そして、厳しい現実を直視しなくてもできることもたくさんあるはずです。
第一、見たからって何ができるんでしょうか?
何も出来ないのに、現実を受け止めるためだけに悲劇を確認しに行くのだとしたら、そんなことはナンセンスじゃないですかね?
それは己に試練を課して困難を越えるためだけのエクササイズ、つまり誰かのためじゃなくて、自分のための行為です。

堕ちて、再び立ち上がれるのはただの幸運。
自分を捻じ曲げてどうにか保てる正気。
結局、正気のままでは耐えられなくて、自分を変えるしかなかった・・・。
そんなことをあえて他人に勧められますかね???
私なら、避けられるものならば、避けて通るように勧めますよ。

起きている事象をどう受け止め、どう折り合いをつけて生きていくかは結局自分で決めるしかない事です。
誰もそれについて責任を負ってはくれません。
自分が越えられることを他人も同じように越えられると考えるのはあまりに傲慢。
越えられない時、掬い上げてあげられないのに苦痛を強いるのも傲慢。
何にどのぐらい耐えられるかを知っているのは本人だけです。
だから、無理はしなくていいと思います。

自分に出来ることを出来る範囲でやればいいのだと思います。
それが誰かの力になるのなら、それは幸いなのだと・・・。
  2012/03/12 - Mon - 18:52  Edit
無理しないで下さいネ
こんばんは。さっきは津波注意報もでてハラハラしましたね・・。全くいつまでこんな状態が続くことやら。

地震、津波で被害を受けた方はもちろんですが、それらを取り巻く人々も今回は深い傷をおっていると思います。けんば~んさん自身もあの震災でこころが傷ついてしまってると思います。

だから、今は自分を追い詰めないでくださいね。
被災地にいける日は、ちょっとしたきっかけで、きっとやってきますヨ。


また、遺族は亡くなった家族との新しい思い出をもう作ることが出来ません。
友人のご家族にとって、わざわざ訪ねてくれる方から、亡くなった家族の思い出が新たに語られることは、きっとあたたかいものになると思います。

ゆっくりいきましょう☆
  2012/03/14 - Wed - 20:23  Edit
そうなんですね。
今日家人が地方紙に行方不明のままのおじさんの写真が載っていて驚いたと言ってました。

家人は気丈ですが、やはりあまり被災地に行きたがりません。仮設にいっぱい親戚がいるのに…と思っていましたが。慣れ親しんだ土地の変わり様と、親戚の今の暮らしを直視するのが辛いんですね。けんば~んさんの記事を読んで気が付きました。

私の方が鈍感なのでした。(=_=)
真面目に暮らすため、まず早寝します。レベル低くてすみません。(汗)

  2012/03/15 - Thu - 00:36  Edit
tukushiさんへ
tukushiさん、こんにちは。

いつも、こういうコメントしにくい記事に
コメントありがとうございます。

本当に、いつも救いになっています。

こうしなきゃいけない、
ああしなきゃいけない、
って世の中のしがらみは多いけど

tukushiさんのように言ってくれる方がいてどんなに心強いことか!!!

ありがとうございます。

無理しないようにします。



私は、昔から
いやなことはあまり受け止めず
避けて通ってきた気がします。

あまり深く考えないようにしてきたような・・。


苦痛とか

そういうものからは出来る限り
遠ざかって、すぐに忘れるようにしてきました。

人との争いも
できるだけ避けてきました。


もともと脳天気で
そういう風に頭が出来てるからかもしれないですが


父を病気で亡くした大学生の時
もう別に暮らしていたから
父の死にあまり実感が湧かなくて

それから7年~8年ぐらいして
子供を産んだ時に、ものすごい悲しさが襲ってきたんです。
(産後のうつかもしれないけど・・)

ほんとに鈍い私。
でも鈍いままでいたい。


時間が経って、向き合えるときが来たら
実行に移したいと思います。
  2012/03/15 - Thu - 12:27  Edit
のりぃさんへ
のりぃさん、こんにちは。

地震、もういやですね。
とくにこの時期、雪が降っているとき、地震だの、津波だのというと
去年のことがフラッシュバックしますね。

コメントありがとうございます。
直接の被害を受けていないので
じぶんは大丈夫だといつも思っていますが
それってあんまり良くないですよね。


> だから、今は自分を追い詰めないでくださいね。

思い詰めないことにします。

> また、遺族は亡くなった家族との新しい思い出をもう作ることが出来ません。
> 友人のご家族にとって、わざわざ訪ねてくれる方から、亡くなった家族の思い出が新たに語られることは、きっとあたたかいものになると思います。

↑これにちょっと感動しました。
そうか、亡くなってしまった家族の思い出・・。
いつかきっと親族の方に会って、お話しが出来たら、
それは良いことなんですね。

その日がいつかこればいいなと思います。

無理せず、時が経つのを待ちたいと思います。

(近い日に仮設に行ってみようと思ったのも、
こんかいの津波注意報の発令で、ちょっと気持ちが後退してしまいましたが。)
  2012/03/15 - Thu - 12:33  Edit
がぶりんこさんへ
がぶりんこさん、こんにちは。

だんなさま、被災地に何度も行きましたよね。
いろんなものを見てきて、精神的にまいっているところもあると思います。

そして、目の前にはどうしようもない現実。

被災者の方は頑張っていらっしゃるからよけいに。

がぶりんこさんはいろんな場面で支援されててすばらしいです。
まずは、私もあの百貨店の向かいにあるお店に行ってみたいと思います。
  2012/03/15 - Thu - 12:36  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。