プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
182位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  06
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はリストの誕生日??
2011/10/22 - 23:00    トラックバック[0]    コメント[18]     EDIT
カテゴリ [音楽]
録画していた
名曲探偵アマデウス 「リスト ラ・カンパネラ」
を見ました。

娘が小学生新聞をとっているのですが
ここは田舎のため
昨日の新聞が届きます。
(一日経った新聞ってものすごく価値が低いと思うんだけど・・)
そこに
明日はリストの誕生日って書いてあったから・・
きっと今日がその日のはず・・・。


そうとは知らず、たまたま録画を見たのですが
その放送は再放送で、
出演者の髪型を見るときっと数年前に放送されていたもののようでした。

演奏は、知る人ぞ知るあの小山実稚恵さん。
素敵な演奏をするピアニストです。

さて・・知っていました?
ラ・カンパネラって
若いときに作曲した第1稿、
その後第2、第3稿とあるって・・・・

私は知りませんでした。

しかも第1稿はものすごく派手で
演奏技術を見せつけるような感じの曲になっていて
2稿、3稿となるにつれて
表現が簡潔に美しく洗練されていきます。
うろ覚えだけどたしか・・
完成するまで20年の歳月がかかったとか。

その間、リストはピアニストから作曲者へ転身していったのだそうです。

そして、またまたびっくりしたのは

鐘の音が表現されている「レ♯」
この音は第1稿では「ミ♭」だったそうです。

同じ音なんだけど・・・

そしたら、小山実稚恵さんが
レ♯とミ♭では表現が全く違う
って言っているんです。

同じ音でも表記のしかたで表現が変わってくるんだ~~~!!!!
と驚きでした。

たしか・・どっちかが落ち着いた音で、どっちかが心に刺さってくる音だとか・・!?

う~んよくわからないけどすごいです。


そして、番組内では
演奏を上からカメラで映した映像が出るのですが

手の動きがまさに「超絶技巧」
いつもピアノに感心のない夫までが

「なんだこりゃ~!?」

といいながらテレビに釘付けでした。

どういうテクニックが使われているかを番組では解説していましたが
とにかく、速すぎて
手の動きが見えないんです!!!

2オクターブを往復移動する手!!!!
もう神業??リスト技???

曲芸に近いものがありますよね・・。

小山実稚恵さんは第1稿、第2稿、第3稿とすべて演奏していましたが
夫がそれを見て・・

「一曲目(第1稿のこと)はすごいけど全然曲としてはつまらないな・・・・。」

おお~なかなかクラシックに興味がないにしては良いところを突いたことを言ってました。

難しい技術=美しい音楽になるわけではない・・というのが
あらためてわかりました。

この番組のおかげで
深く味わって聴ける曲がまた一曲増えました。

千手

リストイケメン
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント













No title
あ、これ見たことあります!
鍵盤の上から撮影していて、どれだけすごいテクニックかというのが
実感できますよね~私も初めて見た時は釘付けでした。

それと、いつも思うのですが、けんば~んさんの絵は本当にかわいいですね!
小山さんが千手観音になる図素晴らしい!(*^_^*)

レ♯とミ♭の違い…私もずっと同じだと思っていましたが、
娘とピアノを勉強するようになってすこ~し分かってきた気がします。
♯の付く順はファ、ド、ソ、レ…なので、レに#が付くということは、
おそらくホ長調になってるはず。このホ長調の音階を弾いて、
その中でのレ#を感じてみてください♪

それから、♭の付く順はシ、ミ、…なので、変ロ長調かト短調なのかな。この音階も試しに弾いてみてください。
ミ♭とレ#、感じが違うと思いますよ~(*^_^*)

同じ音でもどの調性かで、表現するものが違ってくるんですよね~
また、その違いを表現できるピアニストって本当に素晴らしいと思います♪


  2011/10/23 - Sun - 00:02  Edit
シャープは鋭い
文字通り、シャープは鋭く、フラットは平ら。この黒鍵の英名、ブラボーです。
同じ音で違って響くから不思議。

シャープ5つは嬰ト短調。フラット7つ(めったに見ない)は変イ短調の表記に。(異名同音=エンハーモニック)

変イ短調
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E3%82%A4%E7%9F%AD%E8%AA%BF

曲のおしまいはちゃんその調の主和音。鐘のレ・シャープは主音ソ・シャープ5度上。属音という大切な音で、緊張感を醸し出すかも。

「名曲探偵」今、視ました。1稿は比べるとつまんないですね。
2稿が地味なのは高音の鐘が少ないせいも大きい。

一般的な3稿も最後2ページは両手リストらしく、オクターブ奏オンパレード。これ、日本人の小さい手にはきつい。

小山さんはいつも品があって、楽そうに難曲を弾きますね。

チャレンジしようと思いつつ、2011年リストイヤー終わっていきます。

「超絶技巧練習曲集」やリストの「ソナタ」めちゃめちゃ難しい(パワーが要る)わりに、メロディー心に残らない。やっぱりショパン派です。

シューマン・シューベルトの歌曲編曲はなかなかいい。メロディーメーカーではなかったんですね。
書いてるうちに誕生日終わりました。(^_^;)

  2011/10/23 - Sun - 00:13  Edit
No title
私も小山さんのラ・カンパネラの上からの映像見ました!!
スゴすぎる~~!!
あんな動きができないとラ・カンパネラは弾けないんですね。

小山実稚恵さん、素敵ですよね~☆
たびたびコンサートあるけどまだ行ったことないです。
一度聴きに行きたい♪
  2011/10/23 - Sun - 05:52  Edit
No title
ひつじさん・・・、顔が無表情な感じが最高です( ≧▽≦)b
指2本では本当に超絶なテクが必要かと思われます(爆)
カンパネラ第3稿は技巧的にはそれほど難しくはないと思います。
確かにオクターブ単位で動くので覚えるのは大変なんですけど、動く範囲が固定されているのでそのうち身体で覚えるんですよね・・・。
なので、ただ弾くだけならショパンのノクやワルツよりよっぽど弾きやすいです。

第1稿は変イ短調で♭7個(途中から4個になりますけど・・)、第3稿は♯5個で嬰ト短調です。
調は違うので音階は違いますけど、使っている音は一緒だし、もともとの曲とは違う調だし、どんな意図があって変えたのか、さっぱり判りませんが・・・・。
ちなみに、この曲、マイナーチェンジも含めると書き換えたのは5回みたいですね。
よっぽど気に入ったんですね・・(苦笑)

パガニーニさんの曲を使って編曲を試みた作曲家は他にもたくさんいますから、パガニーニさんというバイオリニストはホントに凄かったんだと思うのですが、悪魔に魂を売り渡したと思われるほどってどんな音なんでしょうねぇ?
私はそっちの方が気になります(爆)

ラフマニさんのパガニーニ主題による変奏曲はいつか真似ごとでもいいから弾いてみたいなぁと思います(無理無理・・・)
  2011/10/23 - Sun - 10:27  Edit
No title
いや~ピアニストの手を見るたびに、人間って器用!と思います(笑)
ひつじちゃん、ファイト~v-91

私たちは、心に届く音をめざしましょうw
テクはムリだ!!!
  2011/10/23 - Sun - 14:11  Edit
No title
お~~!
ラ・カンパネラは♯が5個ついた嬰ト短調だったんですね~v-356
思い切り間違えてしまってすみません (^_^;)v-356



  2011/10/23 - Sun - 17:40  Edit
知らないことばかりで……
10月22日、リストの誕生日だったんですね~
小山実稚恵さんも知らないし、ラ・カンパネラにいろいろあるのも知りませんでした。
ちょうどリストをこれから聴いてみたいなあと思っていたので、けんば~んさんのおかげですごく勉強になりましたよ!
ご主人の感想、なかなかすごいですね。これをきっかけにクラシックに興味を持ってもらえるといいですね。

>レ♯とミ♭では表現が全く違う

このお話は、青島さんの「やさしくわかる楽典」にのっていたように思います。図書館に返してしまったのでウロ覚えなんですが、たしか調性のお話のところで「弾きかたがちがいます」って書いてあったと思いますよ。

ひつじさんの超絶技巧、すご~い(笑)
見たことないですが、このひつじさんだけでわかるような気がします!
  2011/10/23 - Sun - 21:34  Edit
演奏観てみたいです
ども。
リストさんは難しいのであまり聞いたことがないのですが、「ラ・カンパネラ、そういえばpiano1001あったな」と思い再聴してみました。
リストさん、やはり難しいですね。
なんったって「超絶技巧用練習曲」てな曲があるのですからっ!

M先生の解説がありますのでご紹介します。
http://piano1001.sakura.ne.jp/INFO/liszt.htm

演奏はTOPぺーじからどうぞ。
http://piano1001.sakura.ne.jp/index.htm

千手観音ひつじさん、おもろ~っ。
  2011/10/24 - Mon - 23:21  Edit
No title
コメントも含めて興味深い話を読ませてもらいました。
まじめに勉強してないし、感覚で捉える性格なんで、
はっきり言って、まだ理解してないですが…(汗)
♯と♭にいたっては、同じ音階を弾いたとしても
上昇と下降で違う音に聞こえるくらいですから…(大汗)
でも、情報のポインタをもらえたので、地味~ぃに勉強します♪

ところで、千手観音の右手に何かが宿ってます?(笑)
  2011/10/25 - Tue - 10:58  Edit
piano-classさんへ
piano-classさんこんにちは。

この番組ご覧になったんですね!

> 小山さんが千手観音になる図素晴らしい!(*^_^*)

あ、これは小山さんではなくてひつじです。ひつじ・・・
小山さんになったつもりで手を見えないぐらい動かしているだけで・・・

レ♯とミ♭は、音階を弾いてみればいいのですね。
ホ長調・・・
変ロ長調・・ト長調・・・
調べながら、弾いてみたいと思います。
(ぱっとすぐに弾けないのが悩みどころです・・)

調性のちがいかあ・・・・
何かの本で読みましたがまったくちんぷんかんぷんでした。

これからもっと勉強しないとダメですね・・
きっとその調性も含めて作曲者の意図を理解する努力をしていかないと
素敵な演奏は出来ないんでしょうね・・・。

すごい、難しいですが
こういうことをブログで話題にすることで
ご意見を頂き・・
そこから考えさせられています。

ありがとうございます!!

  2011/10/26 - Wed - 13:04  Edit
がぶりんこさま
がぶりんこさんこんにちは。

ははあ~~~!
英語の先生なのに
シャープとフラットの意味を
全く考えておりませんでした!!!

がぶりんこさんこそブラボーです!!

> シャープ5つは嬰ト短調。フラット7つ(めったに見ない)は変イ短調の表記に。(異名同音=エンハーモニック)

フラット7つって・・・
すべての音にフラットがつくということですね!!!

リストの超絶技巧練習曲集、うちにCDがあって、
何度か聞いたことがあるのですが
全然記憶に残っていません。

今日はこれを聞こう!という気分になったこともありません(笑)
そんなものなんですね。

> シューマン・シューベルトの歌曲編曲はなかなかいい。メロディーメーカーではなかったんですね。

いつかそういうのも聞いてみたいです。
  2011/10/26 - Wed - 13:10  Edit
フクママさんへ
フクママさんこんにちは。

フクママサンもアマデウス見てますね!!

小山さんは岩手にも縁があるし
演奏も素敵ですよね~。

盛岡には来ることあるのでしょうか?
岩手に来て欲しいですね~~~。
コンサートあったら私も行きたいと思います。
  2011/10/26 - Wed - 13:12  Edit
tukushiさんへ
tukushiさんこんにちは。

ひつじ必死です。
指二本・・そうだった!
ピアノを弾くには不利でした。
キャラクター変えようかしら・・・指5本ある動物に。

へえ~~難しそうに見えるのですが
機械的に弾くだけなら弾けるかもしれないのですね・・???


> 第1稿は変イ短調で♭7個(途中から4個になりますけど・・)、第3稿は♯5個で嬰ト短調です。
ぱっと調が
言える人って本当にかっこいいですね・・私もすぐにわかってみたいです(^o^)

そうそう、パガニーニというひともすごかったらしいですね。
どんな演奏なんでしょうね。
悪魔に・・・ってホント・・どうすれば悪魔に・・って言われるんでしょうね。
神様とか、天使とかの言葉で形容されることはなかったんでしょうかねえ~~!

私も「パガニーニ主題による変奏曲」は大好きです。
あれはたしかピアノ協奏曲?でしたよね。
あれも協奏しなくて良いから弾いてみたいです!!

  2011/10/26 - Wed - 13:19  Edit
ほしなみさんへ
ほしなみさんこんにちは。

きっとわたしもほしなみさんの手を見れば
「人間って器用!」と思うに違いありません!!

私などはもっと技術を習得しないと
「迷惑な音」の域を抜け出せません・・・(泣)
  2011/10/26 - Wed - 13:21  Edit
piano-classさんへ
piano-classさん

訂正ありがとうございます。

  2011/10/26 - Wed - 13:25  Edit
さと子さんへ
さと子さんこんにちは。

リストイヤーですが
私はリストが「イケメン」でモテモテだったとか
ショパンの友人だったとかぐらいしかいまだに知りません。
私も勉強しなければと思います。


青島さんのその本、私持っているので
また読み返してみたいと思います。

このひつじは
手を見えないぐらい動かしているだけなのでした・・・
鍵盤と鍵盤をこれで往復するなど・・・不可能ですね(笑)
  2011/10/26 - Wed - 13:31  Edit
レフティさんへ
レフティさん、お久しぶりです。
お元気でしたか?

piano1001の解説を読んでみました。
詳しく書かれていますね。
勉強になりますm(_ _)m

リストの曲って、普段普通に暮らしていて
耳にするのって「愛の夢」「ラ・カンパネラ」ぐらいですよね。
超絶技巧が、一般人にはマイナーすぎて耳にすることがないのかもしれませんよね・・
激しすぎてBGMにはならなそうだし・・・・
  2011/10/26 - Wed - 13:35  Edit
まちゃさんへ
まちゃさんこんにちは。

> まじめに勉強してないし、感覚で捉える性格なんで、

あ、ここ↑。同じです。

でも音階を弾いて、その同じ音が違う音に聞こえるって
ある意味すごくありませんか?

感覚で捉えると
違う音に聞こえるのかも!!
私も音階弾いてみようと思います!!


ひつじ・・

どうやって速く動かす手を描こうかなと思って
描いてみましたが、怪しくなってますね・・
ミニひつじかなにかが宿っていますね・・・
心霊イラスト!?
  2011/10/26 - Wed - 13:37  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。