プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
6943位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
355位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  09
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前住んでいたところ
2011/09/08 - 23:07    トラックバック[0]    コメント[8]     EDIT
カテゴリ [雑記]
震災から半年。

夫が被災地へ行ってきました。
そのときに
以前住んでいた場所を見てきてくれました。

ここは
町(というか村)がほとんどやられてしまった場所です。


私はまだ行く勇気がありませんでした・・・。


この写真、
私たちが6年前まで
5年間住んだアパートです。


一番左下の1階に住んでいました。

110904_131952.jpg

建物の3階まで水につかった跡が見えます


この建物は鉄筋だったので、残っていました。

周りにはほとんど何もなかったそうです。


この建物も
中を見るとひどい状態でした。

110904_1310131.jpg

ここはわたしたちが暮らした部屋の
台所・・・・・。



半年も経つというのにこの状態です。


辺りは一帯
生き物の気配がなかったそうです。
(雑草は生えていましたが)

お世話になった知人は
ここよりも海に近いところに住んでいましたが
ギリギリのところで家は無事だったそうです。

でも道も悪く
人が流されたり遺体が上がった所を見ているので
怖くてそこには住めないと言っていました。


見ないとわからない現実。

テレビで見る明るい話題ばかりの裏に
まだまだがれきの残っている現地。

いつか、行かなきゃ、と思っています。

現地の復興はまだまだです。
スポンサーサイト
コメント













中にも…
ご主人、建物の中に入ってきたのですね。この建物お盆に見てきました。たぶん官舎だなって。(;_;)
小さい街は建物の撤去が割合進んでガランとしてますが、少し大きい市ほどまだまだ廃墟が残ったままのようです。

被災地に直接行かなくてもできることはあるよう。辛いけど忘れずできることをやっていきましょう。
  2011/09/08 - Thu - 23:34  Edit
No title
私は”行かなきゃ”ってことはないんじゃないかと思うんですよねぇ~。
そんな風に感じているうちはきっといろいろなことに引きずれれてしまうから・・。
辛い現実はそれを受け止められる人だけが見ればいい。
それを見て、行動を起こせる人だけが真実を知ればいいって・・。
結局引きずれて立ち上がれない人は何も出来ないから。

私は神戸の震災の時現地で援助活動をしていたんですけど(いえ、ほんの少しの間なんですけど・・・)その時に思ったんですよね。
みんながみんな真実を知る必要はないんだって・・。
そう言うのを正面から受け止めて生きていける人ばっかりじゃないから。
一緒に行った人で、精神的におかしくなっちゃった人もいて、考えさせられました。

自分の幸運に罪悪感を感じる必要もないと思うし。
幸せだった分、どこかでそれを分けられる機会もあると思うから、それでいいと思います。
まあ、私は自己犠牲って考え方が好きじゃないんで、そうなっちゃうんですけど・・・・(苦笑)

近くに居るとまた、感じ方も違うんでしょうけど、自然に行ってみようと思う時が来たら行けばいいんじゃないかな~~。
離れていても出来ることはあると思うので。

元気だしてください♪
  2011/09/09 - Fri - 18:53  Edit
ありがとうございます
貴重なお写真、ありがとうございます。
いろいろと悩んでいらっしゃるでしょうに、こうして記事にしてくださってありがたく思います。
私も阪神淡路大震災の復興の様子を見てきましたが、やはり何年もの時間が必要だなあと思いました。
思い出すのがつらくて、元の場所に戻れない人も多かったです。
ただ、時が解決してくれる部分も大きいですよ。
まだまだお辛いでしょうが、少しずつ希望が湧いてくるといいですね。
  2011/09/09 - Fri - 20:33  Edit
がぶりんこさんへ
がぶりんこさん、こんにちは。

私がこの町に震災時住んでいたら
津波でやられた「防災センター」に避難していたと思います。
本当に恐ろしいです。

もう、町がなくなってしまったと思うと
悲しいですね。

  2011/09/15 - Thu - 13:01  Edit
tukushiさんへ
tukushiさんこんにちは。

tukushiさんは医療従事者ですね。
阪神大震災の時、現地で活動したなんて素晴らしいです。

見なくてもすむのなら
そうしたいです。
本当に怖い。

周りの方は「行くべきだ、行った方が良い」
っていうので、現地に行かない自分に
罪悪感があるんですけど
tukushiさんにそういっていただけて
ちょっと気持ちが軽くなりました。

ただ、知っている方が避難所にいるので
もっと心が落ち着いたら
会いに行こうと思います。

いろいろなものの見方が出来る方々と
こうして交流できて
本当に助かります。
ありがとうございます。
  2011/09/15 - Thu - 13:06  Edit
さとこさんへ
さとこさん、こんにちは。

いつもお気遣いいただきありがとうございます。
うじうじと一人考えるのもいやなので
こうしてブログに載せ
皆さんにも見ていただき、コメントしてもらうことで
気持ちも晴れます。

これからも
震災の教訓と
被災された方々に支援すること
を忘れないでいきたいですね。
  2011/09/15 - Thu - 13:13  Edit
No title
こんにちは!
前に住んでいたところなんですね・・・言葉が見つかれません。

正直なところ、人がいないところを見る場合、私の想像力には限界があり(わざとのように感じます)悲しみやつらさと感じる事はありますが高々しれていると思ってしまいます。

本当にその時、現場にいた人や見た人、の心の事を思うと胸が締め付けられてしまいます。

無理をなさらないでくださいね~
  2011/09/15 - Thu - 15:04  Edit
kassii3さんへ
kassii3さんコメントありがとうございます。

そうなんです。
結婚後に住んで
娘が生まれて育児休暇をとっているときも住んだので
すごく良い思い出ばかりあるところです。

自分の家ではないけれど・・

これが自分の持ち家だったら
もっともっとショックは大きいですよね。

ましてや家を流された方のお気持ちに比べると
何でもないです。

元気に暮らしています!
ありがとうございます!

  2011/09/15 - Thu - 22:09  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。