プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
263位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  11
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休み明けのレッスン
2011/08/24 - 22:46    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [レッスン日記]
レッスンでした~。

夏休み、やっぱり何やらかんやらで時間が無く
そんなにピアノは出来ませんでした。

でも

そんな時間のない中で、唯一練習したのが
ベートーベンのソナタop49第1楽章。

前回のレッスンでもう終わってしまっていたあの曲。

最後までズタボロだったあの曲。

どうしてもくやしくてミスなく弾けるまで弾き込もう
と思っていつも弾いていましたが

やっぱりどこかでミスしてしまう・・。


ソナタはまだ私には難しすぎるのかしら・・・



それで今日のレッスンの始めに
先生に「通して弾かせてください」ってお願いして
弾かせてもらいました。

弾きました・・・


中盤、後半になるにつれてミスが増えていきましたが・・


最後までなんとか弾ききりました・・


汗だく・・・


家でリラックスして弾くのと
先生の前で弾くのでは全然違って

指が硬直してしまったり
普段間違えないところであり得ないミスをしたり

ほんと、人前でピアノを弾くのって難しいです。
そして、ソナタはまだまだです。

先生は仕上げのシールをもう一枚くれました。
(前回も貼っていました)

ここまで来ると、もっともっと弾いてもっと仕上げたい気になってきます。

レッスンではもう弾きませんが、
ブログにアップできるぐらいまで練習を続けるつもりです。


このあと、ピアノのテクニックをやって
鍵盤への指の載せ方を詳しく教わりました。
ゆっくり弾くときの、指の形・・・


そしてギロックの「森のざわめき」。


先生と細かく楽譜を見ていきましたが
指示が細かく書いてあって
スラーでスタッカートとテヌートがついていたり・・ぺダル部分なのに(汗)
どうやって弾くのだろう~?と思う疑問な部分を
先生がきちんと弾き方を指導してくれました。

この曲やっぱり素敵♪

素敵に弾けるように頑張って練習しようっと!

これが出来たら次はモーツァルト!!!
楽しみです!

先生の家でソファにカバンを置いたら
もう一つカバンが!

と思ったらネコちゃんでした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


























スポンサーサイト
コメント













No title
ミスなく弾くというのは、難しいですね。長い曲になればなるほど難しい^^;

>スラーでスタッカートとテヌートがついていたり・・ぺダル部分なのに(汗)
これよくわかります~!ありますね、そういうこと!曲想の指示って本来楽譜に書かなくても良いものなので、「奏法」と絡むと訳わからなくなることあります。

先生のおうちのネコちゃん、大きそうですね、カバンみたいだなんて(笑)
  2011/08/25 - Thu - 09:14  Edit
No title
ベートーベン様がんばりますね☆
今回は満足いく出来上がりじゃなくても、何年かいろいろ他の曲を弾いた後また挑戦するときっと今より上手に弾けると思います。

で、次はギロックなんですね。
「森のざわめき」私も楽譜持ってたので見てみたら、たしかにスラーにスタッカートとテヌートありますね~i-201
スタッカートはどう弾くんだろう・・・?
でき上がったらぜひアップお願いします♪

ところでギロックの楽譜って英語ですね。
「森のざわめき」の8小節目のholding backってどういう意味ですか?
hold backだと「抑止する、ためらう」などあったんですが、音楽的にはどういう意味かわかんなくて・・・。
ギロックの楽譜によく出てくるので教えていただけたらうれしいです。
  2011/08/25 - Thu - 14:03  Edit
レッスン
  ベートーベンにギロックにけんば~んさんの熱意に尊敬します。私は譜読みと技術が未熟すぎるので本当に進みません~ベートーベンもギロックも未経験なのでチャレンジしてみたいですが、まだまだです・・・
 先生たった一人&自分と自分一人の空間では全然違いますよね!不思議です。緊張マックス120%強ですね。
  2011/08/26 - Fri - 05:39  Edit
ほしなみさんへ
ほしなみさんこんにちは。
返信遅くなりすみません。

ミスなく弾く・・・
上手な方だと、ミスしても止まらずに曲が続いていくので
うらやましいです。
私は、ミスすると、リズムもへったくれもなく
ガタガタと崩れ落ちていくので・・
聞いている人は(とくに先生は)
とっても聞きづらいだろうなあと思います。

先生のところのネコちゃん、でっぷりしていて
見ているだけで癒やされます!!!

  2011/08/31 - Wed - 13:40  Edit
フクママさんへ
フクママさん、返信遅くなりすみません。

そうか!また時間経ってから弾いてみるのも手ですね。
そのときに、いまより弾けるようになっていたら感動モノですね~~~!

ギロックの「スラーにスタッカートとテヌート」
の部分・・・
先生に教わって弾いてみましたが
いまいちそれが自分で出来ているのかどうかわからず・・。
出来たらアップしたいです。

holding backですが、英語であっても私もよくわからなかったのですが
ネットで検索したら、
「ゆっくり弾く」て出てきました~。
ネットってすごい・・

ギロックは、全部英語で書いてありますよね。珍しいのでしょうか。
  2011/08/31 - Wed - 13:49  Edit
まきさんへ
まきさん、返信遅くなりすみません。

譜読みも技術もわたしも全然付いていなくて苦労しています。
ブルグミュラーの後から、
自分があまり弾けるようになったという感じがありません。
でも
ここを乗り越えていかねば、と思っています。

それと、人前でもいつもどおりに近い状態で弾けるようになりたいです。
  2011/08/31 - Wed - 13:55  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。