プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4437位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
246位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  11
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽家の苦悩
2011/08/10 - 14:53    トラックバック[0]    コメント[4]     EDIT
カテゴリ [音楽]
素人の私がイメージする
音楽家って

才能があって
努力もするけれど
恵まれた環境の中で
絶対的な自信を持って演奏している~という感じですよね。


先日、DEEP PEAPLEという番組で
(番組HP→ http://www.nhk.or.jp/deeppeople/log/case110801/index.html )

スーパー指揮者、というのをやっていました。
小林研一郎さん、広上淳一さん、下野竜也さん

年代もかなり違うこの3人のスーパー指揮者たちが
出演していました。
皆さん世界を舞台に活躍する方々なのに
お話しする様子がとても気さくな感じでした。

小林さんは71歳に見えないほどしゃきっとしていてダンディでした。
指揮者界では大御所なのでしょうけれど
オケの団員にかける言葉遣いがとても丁寧でびっくりしました。

広上さんというひとは
指揮をするときに、オケの団員一人一人の人間性を大切にしながら
音楽を作り上げていくのですって。

下野さんは一番お若くって
団員からきつ~い言葉をかけられた思い出なんかを話していました。

オケの人たちと指揮者の関係って
単なる上下の関係じゃないことがよくわかりました。

たくさん苦労されて、それでも続けてこられたんだな~
と言うのが伝わってきました。
そして小林さん、
「自分は、まだまだ」って・・。


私たちから見ると本当にすごい人たちなんですが
苦悩しながら音楽に向き合ってきて
その上に作り上げた音楽が成り立っているのだなあって
思いました。

偉くなったから~楽々に音楽をやっている~何て人はきっといないんですね。(いるかもしれないけど)


ちょうどいま読んでいる、
藤谷治の「船に乗れ」

3巻目をよんでいます。

主人公が、1巻目では音楽一家育ちの
ちょっとうぬぼれた感じのチェロの上手い中学生だったのですが

3巻目に入ると

音楽家になれない苦悩が描かれていて
(まあ、ちょっとした事件が引き金となるのですが)

それを読んでいて

ああ・・音楽って悩むものなんだ。
プロだって
音高生だって
上を目指すために・・
音楽のために
悩むんだ・・って
思いました。


自分は上を目指す必要もないのに
難しいフレーズを弾けないだけでがっかりして
つらいと思ったりして・・

すばらしい音楽家たちでさえそうなのに
大人初心者のわたしが悩むことなんて
なんてちっぽけだろうと思いました。

趣味なんだから気楽にやろう。
できなかったらそれでもいいじゃないか~~



音楽家の苦悩・・ならぬ

趣味の音楽家の気楽

そういったところでしょうか!

**お絵かきエディタ~がまたおかしいようです。
絵を描きたいですが、断念・・。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント













趣味のぴあの♪
音楽で食っている人や、音楽に生活の大半を費やしている人は本当に大変だと思います(^v^)
出来て当たり前、他人に批判される等々厳しい世界だと思います。
(もちろん素敵なところも山ほどあると思いますが、厳しい世界)

それに比べて、趣味では・・・・
失敗は許される、比較は基本他者ではなく自分自身、逃げる事も、又戻ってくることもそんなに大変じゃない(^^♪

もちろん、苦労して得たものには感慨深い、喜びや楽しみがあるので、お気楽だけじゃつまらないですが、それでも「厳しい」と言う表現は似合わない世界ですからね(^_-)

私のピアノの悩みは・・・・やりたい曲いっぱいあるのに、時間がない事かな~~~♪
  2011/08/10 - Wed - 16:07  Edit
kassii3さんへ
kassii3さん、こんにちは。

そうですね。アマチュアでも苦労して乗り越えたところには
喜びがありますね。
自分もそうありたいです。でも、気負わずに楽しく乗り越えたい♪

> 私のピアノの悩みは・・・・やりたい曲いっぱいあるのに、時間がない事かな~~~♪

ああ~~時間がない。そう、同じ悩みです。
これも大人初心者ならではの悩みですよね。
  2011/08/10 - Wed - 23:13  Edit
先をこされました。
視ましたよ。面白かったですね。
夫が「つまんね(-_-;)」って。ま、知ってることばっかだったかも。
広上さん、夫の友達の大学の同級生。けんば~んさんの旦那様、お友だちご存じ。
そして、広上さんは私のピアノの恩師に仙台で子供時代習っていたそう。

指揮者はイケメンから個性派まで。演奏家よりは「顔より音楽性・人間性」で判断されます。

プロはとにかく良い物を提供することを求められ、それで食べてるのだから少々苦悩するのは当たり前。
音楽だけで生きていけるなんて、私からすればうらやましい限り。才能を持つ幸せな方々。実力なければすぐ消える厳しい世界だけど。

趣味の私たち?(^_^;)。苦悩された方々の演奏を堪能し、自分はゆるやかに音楽を楽しみませう。(~o~)

記事にしようと思っていて先を越されました。
  2011/08/12 - Fri - 13:31  Edit
がぶりんこさま
がぶりんこさん、コメントありがとうございます。

旦那さま・・つまらなかったのですか・・物知りすぎです。
わたしなど、目からウロコのはなしばっかりでしたのに。

え~広上さんとはご縁があるのですね。
びっくりです。

> 趣味の私たち?(^_^;)。苦悩された方々の演奏を堪能し、自分はゆるやかに音楽を楽しみませう。(~o~)

ほんと、そうですね。苦しんで生み出された美の境地を
ゆったりまったりと楽しむのが一番ですね。

がぶりんこさんが記事にするのを楽しみにしています!!!
  2011/08/15 - Mon - 23:27  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。