プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
279位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  09
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピカルディの3度とドビュッシーの涼しさ
2011/06/22 - 22:31    トラックバック[0]    コメント[14]     EDIT
カテゴリ [レッスン日記]
今日はレッスンでした~~。

ショパンのノクターン遺作を指導していただきましたが

この曲は短調なのに最後が長調で終わる・・・
これが
ピカルディの3度というものだということを
教わりました。

何でそうなるのかを先生が詳しく教えようと
辞書を3冊も引いてくださって

3冊目の分厚い辞典には

「由来は不明」

先生~~おもしろすぎます!

でも、
最後明るく終わるのは良いですよね。
終わりよければすべて良し(?)なんですよね?


先生はいつもきちんと細かく納得いくまで教えてれます!!



ノクターン遺作。

2週間ではあまり進歩がなかったのですが
今日は後半3分の1の部分を教えてもらいました。


正直言うと
たしか1年か2年ぐらい前にこの曲に独学で挑戦しようとして
最初の2小節も弾けず、挫折していました。

その曲がとりあえずはたどたどしくても
最後まで弾けるようになるなんて思ってもいませんでした。

今回の挑戦だって、冒頭部分だけ、と思っていたので
ちょっと・・というか、かなり自分でも驚いています。

前の先生のところだったら
弾けるようになっていなかったと思います。

先生に、感謝です。

それと、年末にある発表会には
この曲を弾くことになりそうです。

本当に嬉しいです~~~!!!(涙)
あと半年、頑張ろう~。

レッスンでは別な曲を弾いていくので、
あとは自主練習です。



そしてつぎは、震災前まで練習をしていた
ベートーベン ソナタOp.49 第1楽章に戻って指導していただくことになりました。
やっと、明るい曲が弾けるような気持ちにもなりましたし。

さて・・
タイトルにあるドビュッシー。
私が弾くわけではなくて
同じ教室のおとなの生徒さんが「月の光」を弾くそうです。

先生曰く
ドビュッシーは夏向きのさわやかな曲が多いとか。

おお~~確かに、涼しげですね。


そしたら先生、
「ベートーベンの
悲愴の第1楽章とか、熱情、弾いたら暑苦しいでしょ!!」
と、それらを弾きはじめました!
(突然何でも弾ける先生・・すごい!)

た、確かに、暑くなりそう・・・
それに窓開けてたら弾けなそうな曲ですね・・・。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント













発表会
 けんば~んさん、先生とすごく相性がいいみたいですね。ノクターン弾けるようになり披露できると嬉しいですね。私もけんば~んさんと同じく冬に発表会があります。今ソロと連弾を練習中です。けんば~んさんの記事で魅了されたYou raise me upを練習しています!真似みたいなことしてしまいすみません。冬までに素敵な形にできるように頑張ります。ベートーベン頑張って下さい♪
  2011/06/23 - Thu - 05:34  Edit
あの終わり方、好きです
ピカルディの3度っていうんですね。
今読んでいる本に載っていて、私も1ヵ月前に知ったんですよ。
最後にパァ~っと明るくなるのが大好きです。
名前がわかるとうれしいですよね。
先生、3冊も調べてくださって……いいですね~
とうとう、発表会でこの曲を弾かれるとは!
本当にすごいです!
やっぱりいい先生に習うと上達が違うんですね。
ドビュッシー、そういえば爽やかで涼しげです。
悲愴や熱情が暑苦しいって(笑)
だからって、ヒツジさんが脱毛って(笑)
これからの季節、ヒツジさんにはキビしそうです~
  2011/06/23 - Thu - 07:55  Edit
ピカ!ルディ~~~
こんにちは!!!
知ってましたよ!知ってました最近ですが(^^ゞ
プレインベンションのアンチョコに、短調の曲を長調で終わらせる形で、ピカルディー終止って書いてありました。三度の音を半音上げるからピカルディーの三度なんでしょうね!

でなんでピカルディーなのか???
探したけどなかったですね(--〆)
ピカルディー地方(フランス北部)ってのがありましたが、不明でした。

ショパンの後は、ベートーベン先生のピアノソナタですか(@_@;)

実は、実は私もベトソナやろうかな気分なのです!
うれしいな(^^♪

突然、熱情弾いてくれるなんて、うらやましい!!(確かに暑苦しいでしょうが(笑))
  2011/06/23 - Thu - 10:39  Edit
No title
ノクターン遺作は後半になったんですね。
完成までもう少しなんでしょうか、楽しみですね。
発表会に弾くなんてステキッv-344
きっとけんば~んさんの大切なレパートリーになりますね。

ピカルディの3度ははじめて聞きました。
ピアノも奥が深い・・・。知らないことだらけです。
(・・・って勉強してないから当たり前なんですが・・・。)
突然、悲愴や熱情弾いてくれる先生ってうらやましいです!

  2011/06/23 - Thu - 12:33  Edit
No title
こんにちはー
発表会で弾けるのですか!以前弾きかけてやめた曲を、人前で弾けるまでになるというのは、凄いことですよ。
普段のレッスンで終わる曲よりも、しっかり仕上げることになるだろうし、よかったですね!v-308

ピカルディー終止はバロック音楽に多いので、私が好きな説は「長調は神・短調は人間を表していて、どうのこうの」とかいうやつです。神秘的でいいなーと。
いろんな説があるみたいですね。難しいわ~。

ひつじ毛は、夏毛にはならないのでしょうか・・・?笑
  2011/06/23 - Thu - 13:08  Edit
まきさんへ
まきさんこんにちは。

よい先生に出会えてよかったです。
前の先生の時はやっぱり、あれ、違うな・・と思うことがあったので・・。

まきさんも、もう発表会の練習ですね。
You raise me upを弾くのですね!
聴く人も楽しめると思います!!!

お互い頑張りましょう~!
  2011/06/23 - Thu - 22:08  Edit
さと子さんへ
さとこさん、こんばんは。
さすが・・・さと子さん!ピカルディの3度ご存じでしたか!


自分でも、この曲が弾けるようになって信じられないです。
もっともっと完璧に近づけたいです!!

ドビュッシー、お好きですか??
私は今まで気にも留めませんでした・・。
ショパンに夢中だったので・・・。
いろいろ聞いていかないといけませんね!

  2011/06/23 - Thu - 22:12  Edit
kassii3さんへ
kassii3さん、こんにちは。
やはり!kassii3さんもご存じでしたか~。
みんな素晴らしいですね・・。
私知りませんでしたよ・・。

バッハの曲にあるのですね。

> ピカルディー地方(フランス北部)ってのがありましたが、不明でした。
そんな地名があるのですか・・。関係あるのでしょうか・・。
ますます、気になりますね!

kassii3さんもベトべン!!ソナタ!!
一緒にがんばりましょう~~!!

  2011/06/23 - Thu - 22:16  Edit
フクママさんへ
フクママさん、こんにちは。

この曲は本当に一生弾いていきたい
大切なレパートリーになると思います。
完成まで・・もう少しかかると思うんですが
地道に練習したいと思っています!

私もピカルディー3度って初めて聞いて
「ピカデリー??」と間違えそうになりました。

今まで何となく弾いていたその部分が
とても意味のあるような部分に思えてきました。

私の先生、自慢しちゃいますが~素晴らしいんですよ!

  2011/06/23 - Thu - 22:19  Edit
ほしなみさんへ
ほしなみさんこんにちは。

そうそう、挫折した曲です・・。
素敵に弾けるように。これからも頑張ります~!
ありがとうございます。

さて、ピカルディ。
ほしなみさん、詳しいですね!!

> ピカルディー終止はバロック音楽に多いので、私が好きな説は「長調は神・短調は人間を表していて、どうのこうの」とかいうやつです。神秘的でいいなーと。


これ!!この説!!良いですね!!

まさしくノクターン遺作の最後も
天から光が差し
神が天に昇るような
そんなイメージでした!!
すごく説得力のある解説です。

そして人間は苦悩している・・みたいな短調。

素晴らしい解説をありがとうございます!
  2011/06/23 - Thu - 22:24  Edit
No title
ピカルディの3度。

そういえば娘のレッスン中に先生が丁寧に説明してたような
気がしますがよく覚えてないです…(^^ゞ


遺作を弾きつつべトソナ!!
素晴らしいですね~~

でも、真夏の熱情もいいかも!?
やせそうですよね!



  2011/06/23 - Thu - 23:07  Edit
piani-classさんへ
piano-classさんこんにちは。

ピカルディの3度・・すでに娘さんが学習されていたんですね!!

> でも、真夏の熱情もいいかも!?
> やせそうですよね!

ああ、そういう観点で見れば
「やせそうな曲」ってたくさんあるかも!!

リンクは全然構いませんよ!
よろしくお願いします!!
  2011/06/24 - Fri - 13:10  Edit
No title
以前チャレンジして挫折した曲の音が拾える様になっている、
というのが、一番実感しやすい「上達」ですよね!
私もつい最近そうでした。

ああ、ちゃんと進んでるんだな~って
ホントうれしいですよね。


それにしても「遺作」が弾けるなんて!
けんば~んさんのショパンへの愛でとても素敵に
なる事でしょう!
先ずはおめでとうございます~~♪

先生、凄く良さそげな方で。ホントあの時変わって良かったですね!
  2011/06/24 - Fri - 19:11  Edit
かめいちさんへ
かめいちさん!
そうそう、その「上達した」実感!!
本当にうれしいです!!!
かめいちさんも同じ気持ちを味わっていたんですね!!!

はい、遺作です。
与作、ではありません。間違いなく!(ここ、笑うところ!)
ショパン様への愛をたくさ~ん
込めています!!

かめいちさん、
私が先生変えるときの顛末を覚えていてくださったんですね!!
そう、あのとき、思い切ってよかったです!!!
先生は、選ぶべきですよね!
  2011/06/24 - Fri - 22:13  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。