プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
6943位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
355位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  09
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに購入ヾ(=^▽^=)ノアコースティックピアノ
2009/02/12 - 10:18    トラックバック[0]    コメント[0]     EDIT
カテゴリ [未分類]
3a51e84d.JPG

行ってまいりました。となりの県まで。

納得いかない娘(7歳)をなんとか説得して、
「見るだけだから」と。

私もお店に行くまでは
「いつも見に行っている地元のお店で買った方が・・」
という気持ちでした。
*ちなみに、地元のお店S店では、目を付けていたのは
YAMAHA UXというシリーズです。

高速で2時間。ようやく某大型ピアノショップに(P店)着くと
そのお店には、関西出身の店長さんがいて
すごい早口でピアノの説明を始めました。

いかにもセールスマン、ってかんじで怪しかったので
最初は疑心暗鬼でした。

地元S店は調律師の方が販売していたというのもあり
信頼して話が聞けました。
S店ではXシリーズが良い、とかそういう風に聞いていたのですが

ここP店では、
Xシリーズは、値段を高く上げるためのものに過ぎない。
アップライトには必要のないものまで付けて値段を上げている場合がある
などと言ってきました。

でも店内を見渡すと価格が安いこと
UXの機種の値段を調べてもらったら、現品はなかったけれど
S店のものよりずっと値段が安いことがわかりました。

P店では、黒ではなく、木目調がおすすめだと言ってきました。

S店の木目調は価格が高く、手が出なかったので
選択の範囲には入っていませんでした。

ところがここでは、ちょうど予算に合う木目調のピアノがあったのです。
店長さんはそれを進めてきました。
YAMAHA W102という機種です。(まゆっぺさんと同じ??)

譜面代になっている開閉可能なトーンエスケープです!
弾いてみると音がしっかりしていて、綺麗です。
弾いてみたら、気に入ってしまいました!!

ここで私の気持ちはいっきに「P店で買おう!!」となりました。


ところが・・・。

娘はというと
2~3台試弾した後は、お店の片隅で、絵を描いていました。
「これ弾いてこごらん」
といっても涙目になって拒否。

ちょうどお昼だったので、いったん休止して食事をとりに行きました。

娘はそば屋に入るなり泣き出し
「ぜったいS店で買うんだ!!(店員の)お姉さんに喜んでもらうんだ!」
と主張。

夫は、すでに「買うならP店で」と決めていたので
「P店で買わないなら、ピアノは買わないことにする」と断言。

私は、このままでピアノを買っても
娘がピアノを弾かなくなってしまうのではないかと思い、
どうにか納得させることにしました。

S店のお姉さんも
「良いピアノに出会えるのなら、どこで買ってもいいんだよ」
と言ってくれていたので、
大切なのは、ピアノをどこで買うのではなくて
買ったピアノでずっと頑張って続けることだよ、となんども繰り返しました。

ろくにお昼も食べず泣いていた娘は
ようやく
「じゃあ、おねえさんにごめんねのプレゼントを渡す」
といって、P店で買うことを承諾してくれました。
(そして自分で働くようになったら自分でS店でピアノを買おうね、と。)

P店に戻ると、店長さんが、文房具やら、マスコットやら
プレゼントをたくさん用意して待っていました。
それを見ると娘も笑顔が戻りました。
まだちょっと我慢している様子だったけれど
ピアノの前で写真を撮ったときは、すっかり機嫌も戻っていました。

こうして、なんとかピアノ購入に至ったわけです。

パパの頑固なピアノ探しへのこだわりのおかげで
なかなか良いピアノに出会えたのではないかと思います。

帰りにS店に立ち寄り、店員のお姉さんに
プレゼントを渡して謝ってきました。娘はまた泣いてしまいましたが
新しく練習した曲をお姉さんに聴かせると言って
そこで一曲弾いてからお店を後にしました。

ピアノが来るのはあと2週間ほど。
楽しみです。


スポンサーサイト
コメント













トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。