プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
109位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  06
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦場のピアニスト
2010/10/24 - 23:46    トラックバック[0]    コメント[2]     EDIT
カテゴリ [雑記]
戦場のピアニストを見た。

以前見た時は
ピアノも習っていなくて
ショパンも好きなわけではなかったので
ユダヤ人虐殺のイメージしかなかったけれど

ピアノが好きになって
ショパンが好きになって
改めて見てみると
またいっそう楽しめた。(楽しむ、という言葉はこの映画にはふさわしくないが・・)

悲惨な場面はいつも目をそらしてしまうけれど
シュピルマンはよくぞ生き残れたと思う。

ショパンの音楽が
このストーリーにほんとによく合うなと
思った。



snap_kenbanban_2010100233959.jpg
はやく着ぐるみ脱がないと!
スポンサーサイト
コメント













けんば~ん さ~ん!
戦場のひつじ!!! ぶふふふ。。。ですワ^^

戦場のピアニストは、公開当初、私も映画見ました!
これは、実話を元に作られているというのが、印象強いです!

この映画は、監督のロマン・ポランスキーの戦争体験も元になっているそうです!
彼はユダヤ系ポーランド人です。
ロマン・ポランスキーで非常に印象に残っている事件で、シャロンテート惨殺事件があります。。。
当時のロマンスキーの妻のシャロンテートが子を身ごもっているときにカルト教団に非常に残忍な殺され方をされてしまったのです!!!

人が人を殺めるなどということは、あってはならないことですね~~~
  2010/10/25 - Mon - 10:40  Edit
いのししさんへ
いのししさん、こんにちは!

監督のロマン・ポランスキーの
そんな事件は始めて知りました!!!
何と恐ろしい!!!

カルト教団 については
私が良く読む、多重人格の人のノンフィクションに良く出てきていて
本当にこういうのがあるんだと思うと背筋がぞっとします。

シュピルマンに加えて
監督の経験も反映されてる映画なのですね。

  2010/10/25 - Mon - 14:31  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。