プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
6060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
324位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  06
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽譜と弾き方が違うんです。
2010/10/21 - 12:28    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [練習日記]
この前の記事
モーツァルト ロンド ニ長調
録音聞いた方・・。不思議に思われませんでした?

メロディーが違っています。
出だしのところ・・

私は
ター ターラ ターラ ターララ~♪
(↓前の記事と同じです)

[VOON] 017_101020V

でも一般的には
ター タラッ タラッ ターララ~♪


私の先生が
「ここは楽譜ではこうだけど、
装飾音符のほうを長く強く弾くんです。」
(先生もそう教えられてきたとか。)
と教えてくれたので
そう弾いています。

この曲をよく知っている人には
違和感がありますよね。

YouTube動画で探しても
もっているCDを聞いても
楽譜通りに弾いている方がほとんどで
どこでどう、こうなったんだろう~と疑問なのです。

でも先生はちゃんと音楽を勉強してこられた方だし・・・。

楽譜と違った弾き方をする曲って
他にあるのでしょうか??
もし知っている方がいましたら、教えてください~!
スポンサーサイト
コメント













和服姿もオツなものですね
けんば~んさん、こんばんは!

けんば~んさんの演奏、お聴きしました!
とてもキレイでしたよ~♪
私が言うのもなんですが、
左手は、和音?だからあのぐらいでもちょうどいい感じですよ。
この曲、楽譜を見たんのですが、
ものすごく長い曲なんですね。
こんな曲が弾けるけんば~んさんがうらやましいです~!
そうそう、ブルクの「優美」もそうでしたが、
けんば~んさんは装飾音(ターンっていうんですか?)の
入れ方がとてもきれいですね。

いつも、そうなんですが……
パソコンの画面をスクロールして、羊さんが出てくると
大爆笑です(笑)
今回もたまりません(笑)

そうですね……私も、
「ター タラッ タラッ ターララ~♪」
(↑これ、すごくわかりやすい表現ですね)
しか、聴いたことがありませんでした。
そうか! 裏モーツァルト家だったんですね(笑)
  2010/10/22 - Fri - 20:01  Edit
奥が深い(イラスト)
イラスト大爆笑です。
コメントもウィットに富んでいるし…
まさかここで表と裏モーツァルト家が出てくるとは!!
こういう発想、素晴らしいですね。

私も時々あります。
「この装飾音符は~弾いてください」という指示が。
ペッツォルトのメヌエットト長調(昔はバッハの作曲と思われてたやつ)では8分音符のように弾いてくださいと言われたのもあるし、ショパンのワルツではいくつかある同じパターンのものでも最後だけ長く弾いてくださいと言われたり…

装飾は装飾だからひとつの弾き方ではないということなのでしょうかね~
gezkazさんがゴルトベルクのアリアで先生とあれこれ装飾音符の弾き方を模索している様子なんかを考えてみても、弾く人の好みやセンスというところに行き着くのでしょうか…
  2010/10/22 - Fri - 22:18  Edit
さと子さんへ
さと子さん、コメントありがとうございます!

この記事にはなかなかコメントがつかなかったので
おもしろくなかったかな~!?
と思っていました。

和服の羊も喜んでおります。

演奏・・・聞いていただいてありがとうございます!!
まだまだ指がころんでしまっているのですが
もっと、モーツァルトっぽく
軽やかに、弾けるようになりたいです。

褒めてくださってありがとうございます・・。
これからも頑張ろうと、やる気が出ます!

裏モーツァルト家流であと3分の2がんばります。
  2010/10/22 - Fri - 23:18  Edit
グミさんへ
グミさん!イラストまで見ていただいて
ありがとうございます。

コメント入らなくて、
これって変な質問なのかと思っていたところでした。

グミさんも、違ったひき方の装飾音符を
経験していらしたんですね~!
そうか~普通にあるんですね!

ふむふむ・・それ以外にも解釈によって
いろいろ変わることもあるんですね~!
さすがグミさん!!!!

ここだけの話・・
義母や義姉に「そんなのきいたことない~」と言われていたので
かなり不安になっていたんです。
だから先生にも「なぜですか?」って聞きにくかったし・・
安心しました!

先生のセンスを信じたいと思います!
  2010/10/22 - Fri - 23:23  Edit
出遅れておりますが‥
ウチにこの曲の楽譜が二つありました。
一つは「ソナチネアルバム1」
もう一つは「モー名曲集」ですが

その部分、表記が違いました。

ソナチネアルバムの方は、確かに装飾音符(小さい音符に
スラッシュが重なってる)になっているので
タラッタラッだと思うのですが、

モー名曲集の方では前打音(小さい音符にスラッシュがない)になってます。
前打音の場合、弾く人によって音の長さが違う様に思います。
ちょっと短めの人、当分割する人…
もちろん裏モーツァルト派が当分割、とかあるかもしれませんが(爆)
(イイ!この発想!!サイコーです♪)


私がいつも戸惑うネタはスタッカートです。
凄く鋭く弾く場合と、「普通の音符より多少短い」感じで弾く場合と
あるみたいで…。
その法則がよくわからないです。
なにかのセオリーなのか、はたまた個人の好みや表現の相違なのか…

初心者には戸惑う事が多いです。


けんば~んさんの左手、全然重くないですよ~
うらやましいです。私なんかもっとウルサイ……orz
なんとかならんかの。
  2010/10/25 - Mon - 14:41  Edit
かめいちさんへ
かめいちさん!またまたコメントありがとうございます!

楽譜、複数持っていると
読み比べができるのですね!

そうすると、私の先生は裏モー派・・・。

かめいちさんは弾くとしたら
どちらで弾かれるのでしょう!?たのしみですね♪

そうそう、スタッカートも
色々ありますね・・。
長めに、とか、それも表記でわかるように
なっていればいいのに・・・。

スタッカ-ト・・
少し長めなら▲にするとか●●と二つ付けるとか!!!!
どうでしょう!?

かめいちさんのモーも聞いてみたいです♪
  2010/10/26 - Tue - 08:31  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。