プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
279位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  09
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッハダメダメのレッスン(長文です)
2010/07/07 - 22:37    トラックバック[0]    コメント[4]     EDIT
カテゴリ [練習日記]
レッスンでした。

今週は忙しくて
そして暑くて、

なかなか練習できなかった週でした。

まずはバーナム2。
グループ4の4「綱渡り」。同じ音を指替えで弾く練習と言ったらいいのでしょうか・・。
練習の時は、ミスもあったのですが
先生の前だと気が引き締まるのか、ゆっくりやったおかげか、ミスなく終了。
次の「懸垂の練習」。2と4の指は鍵盤を押さえたまま
135の指だけを順に動かして弾く、という過酷な練習です。

先生・・・弾いてみましたが
「これむずかしいわ・・・」と先生も苦労されてました!!!
そう、そうですよね・・(^_^;)

次に、バッハのメヌエットニ短調。

これは、何度練習しても(練習の仕方が悪いのか)
なかなか上手く弾けるようにならず。
それと、ノンレガートの場所がたくさんあって
またそれも難易度を高めています。

先生がお手本を何度も示してくれました。

片手練習でも、ミス連発!
鍵盤を楽譜通りに押さえるだけでも精一杯です・・・。

その後、「ガボット」を弾いてみてと言われました。
これ・・3声なんですよね・・・

たどたどしく8小節弾いてみましたが、
全く曲にならず・・・・

あまりの悲惨さに
先生、無言でした。

「インベンションをやるまえにいくつかバッハやろうと思っていましたが
二声のものからやった方が良いようですね」

先生・・・
今頃私の実力に気がつかれたのですか!!!

そうですよ・・

「ソナタをやろうかしら」なんて言っている場合ではないのですよ!!!

そして「子どものバッハ」という冊子をとりだし
簡単そうな二声のメヌエットを選び、
それを練習することになりました。

先生は気を遣って
「ちょっと・・これ『こどもの』って書いてありますけど・・嫌ですか?」
って言っていたのですが
「いえ・・私には、十分ちょうど良いレベルだと思います。この中から
何曲かやるならば、わたしこの楽譜、買ってきます」

ということで・・100707_155901.jpg

先生からこの楽譜を買い上げ
バッハに取り組むことになりました。

それにしても、なぜ「カニ」なんだろう・・・


「ショパンもたくさんバッハを練習したそうですよ。」
(↑先生、励ましてくれているのでしょうか・・・)

よし。

ショパンを素敵に弾けるようになるなら
バッハを頑張って、二声・・三声の曲が弾けるように・・
頑張ろう!

そう思いました。



そしてお次は

ショパン「マズルカ第五番」

こちらは、ほぼ仕上がってきている、ということでした。
強弱の変化が激しいので、
変化の付け方を再度教わりました。
曲調が変わるところでのブレスの入れ方なども。
ミスしなくなったら、動画も撮りたいです。

最後に、ショパンの「ワルツイ短調」
練習の仕方の指示を受け、
練習終了。

ティータイムのBGM「ワルツイ短調」が流れていました。
先生いつも気が利いています!

その後仕事があったので
お茶の時間は早めに切り上げました。

次は二週間後です!
スポンサーサイト
コメント













お疲れさまでした
レッスンお疲れさまでした(^O^)/
バッハは楽譜がシンプルなので 私も最初は簡単?
なんて思ったのですが
インベンションをやっていた時があって、とても難しい( -_-)
2声でも2つのことが同時に考えられなくて指が覚えるまでひたすら練習してました

かに!
本当だぁ~~~
そこに気が付くけんば~んさんさすがおもしろいです
  2010/07/08 - Thu - 10:43  Edit
バッハ
レッスンお疲れ様でした。
バッハのテキストの表紙が斬新ですね(笑)

バッハ…ほとんどの人が最初は苦労しますよね。

私はほとんどAnhのつく曲(J.S.バッハが作ったかどうか疑わしい曲)ばかりでしたが
ご多分にもれず苦労した口です。
それでもまったく弾けないところから、パズルをはめ込んでいくような作業が次第に快感になります。
結局、1年くらい弾いていよいよインベンションへ行けるか…というところでお休みに。
早く私もバッハに戻りたいです。
  2010/07/08 - Thu - 20:07  Edit
handshandsさんへ
handshandsさんは
もうインベンションは卒業されたのですか??
わたしも・・
あの見た目の簡単さに騙されました・・。

同時に2つ3つのメロディを奏でるなんて!!!


それにしても
かに・・変ですよね・・。その上の人の絵も怪しげですが・・
バッハという感じでもない。
こんど先生に聞いてきま~す
  2010/07/10 - Sat - 22:03  Edit
グミさんへ
バッハが難しいと感じたのは
私だけではなくて・・良かったです。

かなり、脳を鍛えられそうですね・・・。

それにしても・・左手の動きが全く読めません(>_<)
こんな音楽を考え出すバッハもすごいですけれど・・

グミさんのように
いつの日かバッハで快感を感じられる日が来ると良いな~と
思います。

  2010/07/10 - Sat - 22:07  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。