プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4437位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
246位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  11
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスンでした。
2010/06/25 - 17:57    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [未分類]
2週間ぶりのレッスン。

マズルカ5番、メヌエット(ト長調)、メヌエット(ニ短調)
を練習して臨みました。

まず、バーナム2。
5度の和音を弾くものでした。
先生は「これは簡単ですね」と言いましたが
でも私は微妙に音を外したり・・そう簡単ではありませんでしたが・・
数度練習して終了。

まず、メヌエット(ト長調)
スタッカートがついていたのですが
この曲の時代の楽器は、ピアノの前身のものだったため
スタッカートは切りすぎずにひくんだそうです・・。

なるほど、CDで聴いていた演奏と
自分の演奏が、かなり違っていたわけでした。

それと、トリルの記号がついていなかったので
別のテキストから書き写し
トリルをつけて練習。

この曲は、こんなに単純なのに
テキストによって解釈がかなり違っていて、意外でした。

次にメヌエット(ニ短調)を見てもらいました。
これは、まだうまく弾けていなくて
ぼろぼろでした。
この、左手もメロディーになっている(対位法???)
曲は、私にとってかなり難しいです。
左手を歌うように指導されました。

先生は
「インベンションに入る前に、もう少し短いバッハの曲をいくつかやりましょう」
と言っていました。


ああ・・たぶんメヌエットもいまいちだし
ガボットも弾けなかったので
まだインベンションにも入れないんだきっと~~!!(T_T)

バッハ・・・難しいですね!

それと、
時代によって、弾き方や、曲の構成などが違うのだな~
ということを改めて実感しました。




次にマズルカを細かく見てもらいました。
短い曲で、短いフレーズの中にもff、fやpが
入り交じっていて
曲自体は繰り返していて単純なのに
この曲らしさを表現するには、いろいろ考えて
弾かなければいけないようです。
もう少し、先生に書き込んでもらった指示を見て練習が必要です。


マズルカの次は
やっぱりショパンが良いですか?
ときかれたので
「ショパンが良いです!!」と答えましたよ!!

それではワルツにしましょう
ということで、ワルツ集をすすめることになりました。

100625_153119.jpg

やった!またショパンだ!!次の曲はワルツ集からこれです。
スポンサーサイト
コメント













私と同じ♪
おじゃまします!

私が唯一弾けるショパンの曲がこのワルツです。
けんば~さんと同じレパートリーになりますね。
頑張ってください。

ショパンの中でも易しいとかいうものの
私にとってはとーーっても難しい曲でした。
これからの練習、応援してます!
  2010/06/25 - Fri - 22:31  Edit
萩さんへ
萩さん、こんにちは!
コメントありがとうございます!!!

萩さん!!このワルツ弾けるんですか~~~!!!
うらやましいです!!!

さらりとこんな曲が
レパートリーとして弾けるなんて素敵です!!

私もレパートリーに加えられるよう
頑張ります!!
  2010/06/28 - Mon - 22:06  Edit
お疲れ様~
メヌエットのスタッカートも、私もそのまま弾いたら
あっさりダメだしされた思い出が…
スラーも無視してノンレガートでとか
いろいろ言われて苦労しました。
結局、何も書いていない原典版の楽譜を買いました。

ソナタアルバムとインベンション
結局インベンションに決めたのですか?
私もやりたいです…インベンション。
市田版の楽譜買っちゃったし。
その前にブルグを終わらせないと(汗)

ショパンのワルツ集、素敵な楽譜ですね。
イ短調のワルツもとてもいい曲ですね。
  2010/06/30 - Wed - 17:15  Edit
グミさんへ
グミさんはもうとっくに
メヌエットは通り過ぎていたんですね~~!

こんなに簡単そうなのに
じつは楽譜上には見えない指示がたくさんあって
これは独学じゃ難しいのかな~
と思いました。
原典版は何も書いていないんですね~~~!
バッハは何も指示しなかったんですかね~~(^_^;)


> ソナタアルバムとインベンション
> 結局インベンションに決めたのですか?

これは・・まだやるとは言われてないんですが
「インベンションに入る前に」と言っていたので
ゆくゆくは・・

二声とか三声とか難しそうです!
メヌエットですら苦労してるのに~~!
市田版というのはなにかこだわりがあるのですか??

> ショパンのワルツ集、素敵な楽譜ですね。

先生が選んだ楽譜ですが
「ショパンのエレガンスを表現する」
この言葉にうっとりしちゃいましたv-238

けっこう細かい解説があって
なかにはショパンによる指番号の指示なんか載っている箇所が
あるんですよ~~!感激です!
  2010/06/30 - Wed - 22:13  Edit
市田版
えっと市田版は、全音から出ている
「インベンションとシンフォニア」の楽譜です。
全音からは別のものもあるのですが
こちらの市田版は学習者には大変役立つようです。
解説が充実しているだけでなく
楽譜にカデンツの動きや
歌い出しやブレスなどの記載があり
原典版にないトリルなど補ってある場合も
ちゃんとその区別ができるようになっています。
コンクールなどでも今は市田版が採用されていると
どこかで読んだ記憶があるので
評価の高い楽譜だと思います。
  2010/07/01 - Thu - 08:33  Edit
グミさんへ
市田版の解説ありがとうございます!!

楽譜も奥が深いですね・・・。

今回のメヌエットでも思いましたが
楽譜によって解釈が違ったりするので
良い楽譜を選ぶのは大切なんだな~と思いました。

わたしももうすこし気をつけて選ぶことにします♪
  2010/07/01 - Thu - 12:30  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。