プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
109位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  06
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
充実レッスン!
2010/05/26 - 23:01    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [レッスン日記]
今日はレッスンでした。

ツィメルマンのリサイタルの直後なので
いろんなお話しが聞けるだろうと、
楽しみにしていきました。

まずはバーナムから。

先週テキストを教室に忘れていってしまったので
今日は初見で弾くことに。

グループ4「深呼吸」で4つの音の和音の曲でしたが

先生は
「ト音記号の脇にフラットがついているものは
その音が『ファ』になること。
複数あるときは、一番右端が『ファ』。
シャープの場合は『シ』の音になるんですよ」
と教えてくれました。

ほう~なるほど。

そして、ブルグミュラー。

ゆっくり、片手ずつ練習を重ねたおかげで
すべて間違いなく弾ける状態で挑めました。

「上声をうたう」ように弾くこと
つまり、和音になっていても、一番上の音が出てくるように弾くように
とのことでした。
「舟歌」でも言われたなあ・・。

強弱、ブレス、レガートで弾く箇所
右と左で強弱を分けるところ、などなど
先生が弾いて手本を示しながら教えてくれました。

この、「先生が弾いて見せてくれる」
というのが、すごくわかりやすくて
自分の音との違いがよくわかって、すごく良いなあ
と思います。(前の先生はそうでなかったので・・)
まるで、別な曲かと思うくらい、
先生と私の音には差があります。

これは次回もう一度やるようです。

ブルグの次は何をやるのか尋ねたら

バッハのインベンション・シンフォニアかしら、
ソナタ アルバム1がいいかしら~といって
どちらとも1曲目をひいてくれました。

先生上手いです・・・。

そして

次回までに考えておきます、とのことでしたので、
新しい楽譜を買う楽しみは
2週間後におあずけになりました。


さて、次にショパン、マズルカ5番。

リズムが難しくて
練習はしてきたけれども、ほとんど思うように弾けず
「装飾音符をとって弾いてみましょう」
と言われ、ますます弾けなくなり、
先生と一緒に片手練習をしたのでした。

ここでもう1時間近く経っていたので
マズルカは、家で練習して出直してきます、ということになりました。

この後、先生と
ショパンの話になり、
先生が昔ソナタを練習していたと聞いて、
「第2番の、第3楽章の、明るい部分が好きなんですよ~~!」
といったら、「葬送行進曲」の一部を弾いてくれたんです!!
感激!!!

本当にこの先生で良かったと思う瞬間です!
目の前でショパンを弾いてくれる先生!!
嬉しすぎます!!

そしてティータイム!!
話題はもちろんツィメルマン!!
アンコールがなかったのが残念だったと言ったら
先生曰く、
「完全なプログラムだから、アンコールは要らない、と公言している」らしいのです。
そうか・・あれで完璧だからか・・

それと、ツィメルマンの演奏には、ほとんどミスがなかったそうです。
プロでも、ミスタッチぐらいは普通にあるのにって・・・。

それから話題は
日本の若いピアニストに移り、
けっこう力のある人がでてきている、と
何人かのCDを持ち出してきてくれました。

それから、ショパンの曲をプレイエルでひいたという
CDをかけてくれて、一緒に鑑賞したんです。

そしたら、がさがさした、突き刺さるような音でした・・。
先生は、耳が疲れるといっていましたが
今のピアノがいかに良い音色かがよくわかった気がします。

今日もたっぷりピアノの話をすることが出来て
大満足でレッスンを終えることが出来ました。

次のレッスンの楽しみは2週間後です。待ちきれません!!


スポンサーサイト
コメント













No title
レッスンも、アフターレッスンも、充実していますね!
先生がその場でピアノを弾いてくださるのもいいですね。
私の先生もたまに弾いてくださいますが
何せレッスン時間が短いのでごくたまに、ちょこっとです。

けんば~んさんの先生はアフターブルグは
ソナチネアルバムかインベンションを考えているのですね。
けんば~んさんがどっちに進むか興味津々です。

私の先生はソナチネアルバムに進むことを示唆しているのですが
せっかくアンナ・マグダレーナでポリフォニーの入り口に立ったので
私はインベンションをやりたいのですけど…
  2010/05/27 - Thu - 06:26  Edit
グミさんへ
グミさんこんにちは!
レッスン時間が終わっても
楽譜を出してきて、「これは・・・」
と言いながらさらさらと弾いてくれるんです。
ティータイムにしても、
前後に誰もレッスンが入っていないので
ゆっくり出来るんですね・・。

アフターブルグは、
私もソナチネを言い渡されると思っていました。
でも、先生は
「ソナチネは(ブルグ)とかぶっているし・・もう少し
上のをやっても良いんじゃないかしら・・」
とおっしゃっていました。
ソナタがどのぐらいのレベルのものか知らなかったので
聞き流しましたが、後で調べたら、結構難しそうなんですよね・・。
たぶん、私には無理だと思います。
インベンションになるのではないかな・・・。

ところでグミさん
ポリフォニーとはなんですか?

  2010/05/27 - Thu - 12:39  Edit
こんにちは
本当だぁ。。とっても充実したレッスンですね
隣で先生の演奏が聴けるなんて
うらやましい~~~
思い切って先生を変えてよかったですね。。

それにしても、お茶まで。。そしてピアノのお話
なんて。。いい先生なんでしょう

私も、ツィメルマンのコンサート行きたい~~
  2010/05/27 - Thu - 17:37  Edit
No title
すみませ~ん、私読み間違えましたね。
ソナチネアルバムではなくソナタアルバムなんですね。
さすが、けんば~んさん、レベルが違う!!

ポリフォニーは、いわゆる右手がメロディで左が伴奏とかではなく
複数の声部が異なる動きをする音楽です。
特有の難しさがあるんですが
これがものすごく脳トレになります。
インベンションに入る準備としてアンナ・マグダーレーナ(プレ・インベンションのようなもの)を
少し前までやっていましたが
私はすごく性に合っているようで入り込んでしまいます。
  2010/05/27 - Thu - 20:33  Edit
handshandsさんへ
handshandsさん
コメントありがとうございます!!!

本当に先生変えて良かったです。
先生にも「先生に教わることが出来て本当に嬉しいです!!!!」
って言っちゃいました!!

私が知り合いだからではなく
他の大人の生徒さんにもお茶を出しているそうで
アフターレッスンを大切にしてくださるんです!!

handshandsさんもツィメルマンお好きですか??
ぜひぜひ、生で聴いてください!!
  2010/05/28 - Fri - 13:16  Edit
グミさんへ
いやいやグミさん、
私の程度ならきっと
ソナチネとかのレベルなんですよきっと。
ソナタがなんたるかを知らなくて・・お恥ずかしいです、本当に。

ポリフォニーについて教えてくださって
ありがとうございます。
今回一声二声三声・・というものがどういうものだか
初めて知りました。
それぞれがメロディってことですね!!
私きっとそういうの苦手なような気がします。

脳トレか・・・
こういう分野が得意とはさすがグミさんです。

インベンションってそういう感じなのですね!
ああ~出来るかしら!?
  2010/05/28 - Fri - 13:20  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。