プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
163位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  07
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスン日記(2)~ブルグ「舟歌」~
2010/04/16 - 22:46    トラックバック[0]    コメント[2]     EDIT
カテゴリ [レッスン日記]
今週の水曜日は
新しい先生のところでの
第2回目のレッスンでした。

自宅を出ようとしたとたん
バーナムの次の曲を練習し忘れたことに気づいて
あわてて1度弾いてみてから家を出ました。
(2週間も空いていたのにすっかりバーナムの存在を忘れていました)

おかげで3分ぐらい遅刻してしまいました。

先生のお宅へ入って
すぐレッスン開始!

まずはバーナム。

先生はまずお手本を弾いてくれます。
そして弾き方のポイントを説明してから
一緒に弾いてくれます。
「9 両足そろえて蛙とび」
でしたが、先生が弾くと、3つの装飾音符も
音が揃っていてとても綺麗!

ゆっくりのスピードから、だんだん速く、
何度も一緒に練習して、速く弾けるようになったところで、○をもらいました。
(途中から先生は伴奏をつけてくれました!)

そして「舟歌」。
一度ひいてみたら「前回指摘したところはすべて出来ています!」とのこと!
こればかり練習していた甲斐がありました。

そして、数小節ごと解説をしてもらいながら
進めました。

3・4小節目。クレッシェンドで弾くときの
打鍵のスピードの変え方について細かく教えてもらい
それが出来るまでその場で何度も練習しました。

先生は、私の全音のブルグのテキストの他に
もう2冊他社の楽譜を譜面代に出していて、他の楽譜での表現はどうなっているかなど
参考にしています。

おもしろかったのは
先生の指導用のテキストがあって
19小節目のアクセントのついた音符の弾き方が
「2時の方向にむかって手首をローリングする」
ってかいてあったところです!
すごい具体的!!!!

あとは
全体で、ここが一番強く盛り上がるところ、
繰り返すところは違いをつけてなど、
曲全体の構成を意識して強弱をつけるところを考えて弾くように教わりました。

最後に、最後の小節を
「ソフトペダル使ってみませんか?」という提案があり、
グランドピアノの一番左のペダル(と右のペダル)をつかって
最後の3小節を柔らかく弾いてみました!
そしたら船が遠ざかっていくような音になってすごく素敵になりました!!!

この「舟歌」は地味な曲だと思っていましたが
先生と一緒に、いろんなことを考えながら作り上げていって
すごく味わえたというか、楽しんで弾けた曲になりました。

前回弾いた感じとは全然違う感じになりましたね!といわれて
嬉しかったです♪

そして舟歌の次の曲「再会」は、
先生が曲を弾きながら「これは飛ばしましょう」といって
次は「つばめ」を弾くことになりました。
ブルグもあと2曲になりました・・・。

そしてレッスンはこの時点で60分が経過していました。
が・・!「子犬のワルツ」も少し見てもらいました。

最初の方の小節は右手を鍵盤を押しすぎないで軽く弾くこと、
左手と右手を別々に練習するように、と指示が出ました。

簡単バージョンなのですが
音が飛んで結構難しそうです。
もう2週間家でみっちり練習しなければ弾けそうにありません。


そしてレッスンが終わりましたが
いつもその後には、お茶とお菓子をいただいているんです。
大人の生徒さんにはみなそうしているそうなんです!すごいです!

そしてBGMにはショパンを流してくださる先生・・・。
こういう先生が良かったんです~!

そのCDには「モンポウ」という作曲家がショパンを主題にして作った曲も入っていて
「モンポウ」って名前が珍しいのでどこの方ですか?と聞いたら
ちゃんと音楽人名辞典で調べてくださって・・・!(イタリアの作曲家)
さすが先生!!!感激でした。


次のレッスンは2週間後です。

スポンサーサイト
コメント













充実したレッスン内容!
レッスンお疲れ様でした~
と~っても充実したレッスン内容でうらやましいです。

素敵な舟歌に仕上がったようですね。

ブルグの指導者用テキストって、本屋さんでも売っていて
見たことあります。
そのときはパラパラっと見ただけでしたが
表現だけでなく弾き方のコツまで書いてあるんですね。

大人の生徒さんは、レッスン後にティータイムなんですね…
ショパンを聴きながら…
わ~っ、なんて充実したひとときなのでしょう!
私もそんなレッスンに憧れます。
  2010/04/18 - Sun - 00:30  Edit
グミさんへ
コメントいつもありがとうございます。

先生変えて本当に良かったと思っています。
一曲仕上げるのに、こんなに楽しい思いをしたのは
ブルグミュラーでこの「舟歌」が初めてのような気がします。

レッスン後のティータイム!
ほんとに素敵なひとときです。
先生にも時間&心の余裕があるんでしょうね~。

会話の中でもいろんなことを教えてもらえるので
とても有意義です!
  2010/04/19 - Mon - 14:24  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。