プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
178位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  12
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい先生の元での初レッスン!!
2010/04/01 - 22:29    トラックバック[0]    コメント[2]     EDIT
カテゴリ [未分類]
41r1K-ekQyL._SL110_[1]
語学学習用に買った、ラジオ付きICレコーダー。
これをピアノレッスンに持っていって
レッスン内容全部取って、復習できるようにしました!

新しい先生の元での
初レッスンでした。

まずバーナムのこれまでの続きから。

「右足で大きくけろう」
2音のフレーズを、1・2の指の3度にアクセントをつけ
5の指につなげてスタッカートではなす、というものですが
あまり練習していなくて音を外しまくりでしたが
そのことは指摘されず
先生は弾き方について手や手首の動き、位置、について細かく教えてくれました。
左手が間違えても
右手の動かし方の練習だから、といって
右手の動きが良くなったところで○をもらいました。

「左足で大きくけろう」
も同じで、手の動き、音の出し方が出来るようになるまで練習して○でした。

手の位置や動きも注意されただけでなく、
足の置き方も注意を受けました。(かかとがついていない座り方はだめとのこと。)

次の「両足そろえて蛙跳び」のお手本を弾いてもらってバーナム終了。


次ブルグミュラー「舟歌」は
前の先生に○がもらえなかったので
そろそろ仕上がったかな、と思い、聴いてもらうことにしました。

ところが!!
○どころか、たくさんの改善点を指摘されました!!!

まず、いったん弾いてみて、その後
舟歌の情景や、曲の背景、全体の構造について確認、
2~4小節ごとにわけて速度表示や記号もすべて確認しながら
指導をうけました。

まず
1・2小節めはレガート奏法で弾くように・・と。
「レガート奏法」って始めて習ったような・・・。

3・4小節は和音だけど、一番主になる音を強く弾くように。

最初のppと2つめのppに違いをつける・・。

12小節目からの左手の和音の弾き方(1番目と3番目の音を重く、2と4を軽く)

などなど・・
とてもここでは書き尽くせないほど
40分ほど細かくしっかり指導を受けたのでした。

ICレコーダーで取った音を聴いてみると
先生が弾いた音はとっても美しい響きでした!

新しい先生は
ミスなく弾くように、ということはあまり気にしないようで
そのせいか、あまり緊張せずにレッスンが受けられました。

どうしますか?次の曲に進みますか?と聴かれたので
せっかくきちんと教えていただいたので
次回までにまた練習しすることにしました。


ここでもう60分がたっていたのですが
ショパンの曲集から「子犬のワルツ」の簡単バージョンの
繰り返すところ、戻るところの記号のわからないところを質問しました。
その楽譜はハ長調になっていましたが
先生は楽譜を見てさらっと弾いて、「とっても弾きづらいワ」・・といっていました。
たぶん原曲を弾く方には邪道な転調だったのかも!

こうしてたっぷり60分・・・。
みっちりと音楽以外の無駄話もなくすすんだのでした!

一日でいろんなことを
教えてもらったなあという充実感がありました。

それから、先生宅のピアノは本当に弾きやすく、音も綺麗で
「グランドピアノに拒絶されている」感が
ほとんどありません。

すごく快適♪なのです。

次は2週間後ですが
とっても楽しみです!

スポンサーサイト
コメント













初レッスン!
初レッスンお疲れ様でした!
とても充実したレッスンだったようで…
細かいところまで丁寧に教えて下さるよい先生ですね!

ICレコーダー買われたんですね~
私も持っているんですが、壊れたまま修理に出していなくて(汗)
やっぱりレッスンも録音するとあとできちんと復習もできますよね。
私も早く修理に出さなくちゃ。
  2010/04/01 - Thu - 23:34  Edit
グミさんへ
グミさんこんにちは~。

細かい指導でした。
指導者の研修にも頻繁に行っているということなので
「最新の指導は・・・」とか
「こういう風に教えるのがいいとか・・」なんて話もしてくれるんです。
勉強熱心な先生です!

ICレコーダー良いですね!
音も良く拾われているし・・・。
これはケータイと同じぐらいの大きさで使いやすいです!

グミさんのレコーダーも
はやく修理で治るといいですね!

  2010/04/02 - Fri - 21:51  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。