プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
247位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  09
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辞めることを伝えました・・・
2010/03/17 - 21:58    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [レッスン日記]
今日はレッスンでした。
3月のレッスンは、あと今日と次回の2回なので
今日が、辞めることを伝えるべき日かな・・と思って行きました。

まず、何も言わずバーナムから。

「横になって足を組もう」
はようやく合格。
「懸垂」は急いで弾いてしまったので、ゆっくり弾きなおしましたが
来週もう一回。右の指の感覚が変な感じです。
鍵盤を押さえたまま動かしてない指が動いているような錯覚に陥ります。

次の曲に進み、同音連打の練習。
だいぶ良いのだけれど
左手の方が動きが悪いので、左手を練習してくるようにとの指示。

そしてブルグミュラー「舟歌」
だいぶフラットの音に慣れました。
和音の音が変わるところが
遅れてしまうこと、
メロディーの区切りをはっきりつけること
などを気をつけるようにとのことでした。

ツェルニー100番は20曲目。
左手と右手の音が半拍ずれるのですが
それが・・む、難しい・・・・。

頭ではわかっているのに手がついていきません・・。
(若かったらすぐに出来るようになるのかしら・・・。)

メトロノームをつけて
片手練習しましょう・・ということでした。

次に
今日仕上げにすると言っていた「花の歌」
いろんな想いを込めて弾きました。

最後に先生は何も言わず拍手をしてくれました。

「次は・・・」と先生が言いかけたので
別な教室に移ることをお話ししました。

そしたら
「良いじゃないですか。もっといろんなことを
教えてもらえると思いますよ」
と笑顔でいってくれました。

ああ~先生ありがとうございます!!
ここまで楽しくやれたのは先生のおかげです!!!

ということで
来週で終わることを告げました。

子どもは先生のレッスンを続けるので
またこれからも会うことになります。

明るく受け止めてくださってありがたかったです。
スポンサーサイト
コメント













NO TITLE
読んでて泣けてきました。
本当に良い先生だったんですね。本当にフィーリングの問題だったんだな、と
思いました。
先生の人間の大きさが染みてきます。

いろんな想いをこめたけんば~んさんの「花の歌」多分とても素敵だったんでしょうね。
まさにけんば~んさんの気持ちが伝わったから先生、拍手したくなったんでしょうね。
先日記事に書いてらした「先生に聞いてもらう気持ちで弾く」という事の大事さが
立証されたようです。

ちなみに私もこないだの日曜日のレッスンで、ちゃんとそのこと考えて弾いてみました。
慣れないので、数小節進んでから思い出して気持ちを込め直してみたり‥なんてこと
してましたが‥(^^;)

でもセンセイに「大分歌える様になってきましたね」って
言ってもらえました。おお~~!!
本当に本当に伝わるものですね!!人間の心ってふしぎです。
  2010/03/17 - Wed - 23:08  Edit
かめいちさんへ
さっそくのコメントありがとうございます。

先生は、人間性の問題でイヤになったとか
そういうのではないので
ほんとに、優しくて良い先生だったと思います。

人によっては
辞めると言われたら
あまり良い対応してくださらない方もいるとおもいます。

「花の歌」は
感謝の意味を込めて
これまで習ったことを思い出しながら
先生に聴いてもらおうと思って弾きました。

そして最後だと思うから
心がこもったと思うし
いつもグランドに負けている感じがしていたのに
ちょっとピアノと一体感があったというか
ふしぎな感じがしたのでした。

先生が拍手したときも
「私が辞めるのを知っていた??」のかと思ったぐらいびっくりしました。

かめいちさんも
気持ちを込めて弾くことが出来たのですね!!!
ピアノってふしぎですね・・。
心が伝えられるなんて!!!
  2010/03/17 - Wed - 23:36  Edit
良かったですね♪
けんば~んさん、レッスンお疲れ様でした。
先生に辞めることを告げるのって勇気がいるし、
新しい教室を決める以上に大変なことだったのではないでしょうか。

先生のために弾いた「花の歌」を弾いて拍手してくれた先生
きっとけんば~んさんの意気込みとかピアノへの思いとか
いろいろなものを感じ取ってくださったんでしょうね…
そう思ったら胸が熱くなりました。
  2010/03/18 - Thu - 12:39  Edit
グミさんへ
グミさんいつもありがとうございます。

本当に勇気が要りました。
田舎だし、家も近いし、
子ども同士の年齢も一緒なので(中学の学区が一緒)
険悪な雰囲気にならないかどうかが一番心配でした。
でも良い先生で良かったです。

拍手してもらうことなどほとんどないので
本当に嬉しかったです!!
  2010/03/18 - Thu - 21:33  Edit
すみません…
今、まとめて過去記事読みました。
遅くなってすみません…気になってはいたんですが(^^ゞ

今までの先生、そんな風におっしゃって頂けるなんて!
私の先生がそんな言い方してくれたら(ありえないけど(爆))
もう少し先生に対する気持ちが変わっていたと思います。
音楽の方向性は違っても、
人間的にとても出来てる先生だったのですね♪

でも…また新しい先生に出会えたこと、
そして決まったこと、おめでと~ございます♪
先生が変われば、また自分のピアノも変わってくると思います(*^^*)
これからが、楽しみですね(*^^)v
  2010/03/20 - Sat - 18:07  Edit
まゆっぺさんへ
忙しいのに~
過去の記事を読んでくださって
ありがとうございます!!

田舎ですから・・
いろいろ近所でこじれると、大変なんです・・。
だから、辞めるのには勇気が要りました~~!
でもピアノのために勇気を出しました!!
良い先生で良かったです。

先生が替わって・・
自分のピアノも変われるでしょうか・・・・
変わらなかったらどうしよう・・(^_^;)

でも、新しい先生のレッスン
本当に楽しみです!!
4月になったら、様子をご報告しますね!
  2010/03/20 - Sat - 22:07  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。