プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
247位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  09
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筋肉への心理的影響の考察
2010/03/01 - 22:22    トラックバック[0]    コメント[8]     EDIT
カテゴリ [雑記]
ピアノ本
寝る前に
この本を読んでいたら

レッスンの時に
間違えないようにとか
うまく弾けるようにではなく
「先生のために弾く」と言う気持ちで弾いてみてはどうか、
とかかれていました。

そうすれば、心を込めて弾こうとするから
良い演奏が出来る、ということだそうです。

なるほど~~(^o^)


話は変わりますが

フィギアスケートで、
すごく良い演技をしていたと思う選手
たとえばキム・ヨナ、とかロシェットとか鈴木明子とか
安藤美姫も・・
彼女たちは、

メダルのために、ではなく
自分のために・お母さんのために・お客さんのために
滑る、というコメントをしていました。

メダルを取ることよりも
普段どおりの自分の演技をしっかりやること、
またはお客さんに見て楽しんでもらう、といったことを
大切にしていたようです。

だから演技にも気持ちが表れて
心を打つような演技が出来たり
ミスのない演技が出来たのだと思います。

(もちろん競技であり、メダルという目標もあったと思うけれども。)

浅田真央は、ミスをしたときに
勝つことを意識していた、と言っていました。

勝つことを考えると
それがプレッシャーとなり
力が入ってしまったり
ミスをおそれたりして
普段通りの力が出せないことがありますよね・・。

頑張ろう!勝とう!と思うほど力が入ってしまうのは
どうしてなんだろう・・・。

じぶんもバドミントンという競技をしていて
芸術とは関係ないけれど
勝とう!と意気込むほど
うまくプレーできなくなったりします。

そして、気持ちを「普段のどおりにやろう」
と持っていくと、
力の入らない良いプレーが出来たりするのです。


フリーで
キムヨナーが滑り終わったときに
これから滑ろうとする真央ちゃんの表情がすごく硬く・・・。
そしてイヤホンをして、音が聞こえないようにしていましたよね・・・。


あのとき、
「キムヨナも良い演技をしたけど、自分は自分のふだんどおりにやるだけ」
ってマイペースな気持ちで滑っていたら・・もっと良い演技が出来たんじゃないかと
思います。

まあ、彼女のプレッシャーも計り知れないものがあるんでしょうけれど。

とにかく

「勝とう・いつもよりうまくやろう」というきもちは
あまり身体の筋肉に良い影響を与えない気がします。

だから、ピアノも
「合格しよう、うまくやろう」
ではなくて
「先生に素敵な演奏を聴かせよう」
でやってみようと思います。



だれか、気持ちと筋肉の関係を研究してくれないかな・・??







スポンサーサイト
コメント













いいおはなしです。
考えさせられました。
私も今ちょうどそういう事かなと気付き始めた所です。

そんな気持ちの練習として、(といってはなんですが)
早速次のレッスンで実践してみます。
ギャラリーもいるレッスンなのでちょうどいいです♪

私は今までレッスンで、
「練習の成果をみてもらおう!」ばっかり考えてました。
練習の成果が出ている事がセンセイへの恩返しだと思ってるからです。
でももっとセンセイへの素直な気持ちでやってみます~♪
  2010/03/01 - Mon - 23:07  Edit
弾くときの気持ち
おはようございます。
いいお話ありがとうございます。
前回のレッスン、うまく弾きたいと思ってコチコチになり
「天使のしらべ」の合格を逃しました。
今週は先生に聴かせたいという気持ちで弾いてみます。
  2010/03/02 - Tue - 06:23  Edit
かめいちさんへ
練習の成果が出ていることが先生への恩返し・・・

なるほど・・・!!!!

自己中心的な私は
そんなこと考えたこともありませんでした!

かめいちさんって
すごく思いやりのあるかたなんですね~。

ギャラリーのあるレッスンだなんて!!
緊張しちゃいますね!
でも、見られることに慣れるチャンスですね!!
わたしなんてそんな機会は皆無です・・。

がんばってください~!
  2010/03/03 - Wed - 09:23  Edit
グミさんへ
そうなぜか
うまく弾こうとおもうと硬くなる・・・。
なぜなんでしょう・・・。

「天使のしらべ」は
音が簡単な割にテクニックのいる曲ですね・・・。

「うまく弾けば天使が歌っているように聞こえます」
ってかいてありました・・・。

まだまだ音の羅列にしか聞こえない
私の「天使の合唱」・・・。

次は合格できると良いですね!!
  2010/03/03 - Wed - 09:26  Edit
おはようございます
私もその本持ってます。
とってもわかりやすくて。。いい本ですよね。

そうかぁ。。誰かのために。。
弾くんですね。。
勝とうとか、プレッシャーとか
ことをいろいろ考えると
余計に自分で難しくしてしまっているかもしれないですよね。

私も今月が発表会なので
何も考えないで。無理かな
緊張してもいいと思った方がいいそうです。
緊張しちゃいけないと思うとこれも
またプレッシャーになるそうです。
あるがままに、(話がそれました。)
がんばって、がんばらないで。。。i-229
トロイメライと愛の挨拶なんですけど、弾きたいと思います
  2010/03/03 - Wed - 09:33  Edit
handshandsさんへ
やはりhandshandsさんも愛読されてましたね!

初心者の視点に立った内容で
とてもわかりやすい本ですよね!!

もう少しで発表会ですか・・・。
ステージの上では緊張しますよね!!

でも、handshandsさんは
お友達同士で発表会をされていたり、
練習会をされていたりで、
人前でひくのに慣れているのではないかと思います・
うらやましいです!

あるがままに・・が一番ですよね!
自信を持って頑張ってください!!
きっと大丈夫です!(^o^)
  2010/03/03 - Wed - 13:05  Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2010/03/06 - Sat - 18:00  Edit
通りすがりのもの さんへ
書籍のご紹介ありがとうございます。
ぜひ、探して読んでみたいと思います。
角聖子さんの他の本は持っていて、とても参考になっているので
これも、ぜひ読みたいです!
  2010/03/07 - Sun - 22:35  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。