プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1932位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
95位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  06
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人を感動させるもの・・・
2010/02/25 - 13:26    トラックバック[0]    コメント[0]     EDIT
カテゴリ [雑記]
私はフィギュアスケートが大好きです。

性格的に、1秒とか0.1秒とかの差を争う競技は
あまり好きではありません。

美しさ・芸術性を競う、という点が
この競技の好きな理由です。

ピアノをやる前は
あまり気にならなかったのですが

すばらしいピアノの演奏というものが、
ただ楽譜通りに弾けばよいと言うことではないことを知ってから
少し物の見方が変わりました。

たとえば・・
ロシアのプルシェンコ。彼はすごいジャンプの技術を持っています。
でも、見ていても感動しないんです。
昔だったら、それだけで感動していたと思うんですが
ジャンプ以外の部分がすごく味気なく感じるんです。

ひと言で言えば、見ていてつまらない。

高橋大輔の演技は、銅だったけど
ひとつのものがたりを見ているような、
全体の構成のすばらしさがあって
そして一時も目を離さずに見ていたい気持ちになります。

怪我をしてそこから復帰して、というのを知っていることもあり
「滑ることが楽しい」というきもちが伝わってきます。
VTRで何度見ても飽きることがありません。

女子では
お母さんが亡くなったばかりのカナダのロシェット。
演技を見ていて涙が出そうになりました。
きっとものすごく気持ちがこもっていたのだと思います。

たしかに、キム・ヨナや真央ちゃんは格段にうまい。
表現も技術も。

でもメダルが取れなくても
人を感動させる選手はもっといます。

鈴木明子選手も、一時スケートから離れていましたが
彼女の演技も、人を感動させる何かを持っていると思います。
つらい思いをしてきたから、それを乗り越えてきたから・・・
その、「何か」をもっている気がします。

高度なジャンプができるから
難度の高い技ができるから

それだけが人を感動させる手段ではないような気がします。

外国の選手の生い立ちやエピソードは知らないけれど

技術を見せつけるような演技をする選手と
情感を込めた演技をする選手と
見分けがつくようになってきました。
(これを読んでいるみなさんはとっくにわかっていることだと思いますが)

これもピアノのおかげ?????

自分も技術だけ伸びればよい、とおもっていた方だったので
芸術的な表現を高めるにはどうすればいいか、のようなヒントが
フィギアスケートのなかにもありました。

やっぱり、綺麗なもの、美しいものを
見たり聞いたりすることは
表現力の向上に必要なんですね・・・!!





スポンサーサイト
コメント













トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。