プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
6060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
324位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  06
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大切な人の死
2009/12/04 - 13:30    トラックバック[0]    コメント[6]     EDIT
カテゴリ [雑記]
義父が他界し
葬儀などがすべて終わりました。

やさしくて
いつもみんなのことを心配して
マメに足を運んでくれて
いつも電話をかけてきてくれて

すごく良い父で
すごく良いおじいちゃんでもありました。

倒れてから、意識が戻ることはなく

「あと数日で死に至ります」という宣告を受けてから
ずっと死を待つような状態でした。
イヤな気分でした。

大切な人が亡くなっても
自分は眠り・食事をし、
朝日は昇り、風が吹き、雨が降り
人は来てまた去っていき

世の中の物事は
何事もなかったように流れていきます。

人はいつか死ぬんだ・・

そうわかっていても
身近な、大切な人が、もう姿を現さなくなる現実を思うと
とても悲しいです。

入院し、体が冷たくなっていき
死に装束を着け
荼毘に付されたのを目にしても

まだその死がうそのようです。

でも

残った私たちは、生きていかねばならないんですね。
まだつらいですが・・・。

ピアノも再開しました。
その音色は
乾ききった心をやさしくなでてくれるような気がしました。

水曜には
しばらく、練習はろくにしていなかったけれども
レッスンにいってきました。

結局発表会の日に父が亡くなったので
発表会は出られなかったので
「ざんねんでした・・」と先生とお話ししながら
練習中だった曲を弾いて帰ってきました。

もうしばらく経てば
「花の歌」が明るい気持ちで弾けるようになるでしょう・・。
今はまだ静かにブルグの「アベマリア」を弾いていたい気分です。

スポンサーサイト
コメント













辛かったですね(>_<)
ごめんなさい。ブログ訪問も出来ずにいたので、
けんば~んさんがこのような状態だったのも全然知りませんでした。
忙しい中、メール頂きありがとうございました。

親しい身内の方が無くなるのって、
ほんと辛いですよね。
何かと片付いて落ち着いてくると
余計にガタっとくるものです。
疲れもあるだろうし…。

辛いでしょうけど、身体には気をつけてくださいね☆彡
お義父様のご冥福をお祈りいたします。
  2009/12/04 - Fri - 23:57  Edit
No title
大切な方とのお別れは辛いものですね。
悲しみが癒えるのには時間がかかると思いますが
ピアノが心の支えになりますように。
けんば~んさんのアヴェ・マリア、きっとお義父様に届いていますよ。
お義父様のご冥福をお祈り致します。
  2009/12/05 - Sat - 20:24  Edit
No title
大変でしたでしょうに。
心中お察し致します。

私も突然実母を、次の年実父を無くしました。
病気一つした事無い両親だったのに。

そう、その時の気持ちはまさにけんば~んさんの書かれてる通り。
何事も無い様に流れて行く世間や時間が不思議でなりませんでした。
私の時間はここで止まってしまったのに、皆どうしてそんなに普通なんだろうって。
自分の前を特急電車が過ぎて行く。のる事も出来ずに只見送るだけ。そんな感じです。


けんば~んさんもお力落としのないよう、
お体をお労りください。

お義父様のご冥福をお祈り致します。
  2009/12/08 - Tue - 20:35  Edit
まゆっぺさんへ
こちらこそ、メールのお返事ありがとうございました!!

13年前に実父も亡くしているのですが
もう離れて住んでいたので
亡くなったと実感が湧くまで10年ぐらいかかりました。
「ああ、やっぱりいないのね・・」って・・。

義父とは、毎週のように会っていたり
毎日のように電話で話していたので
そういう身内が突然亡くなってしまうと
本当に寂しいです。
そして、頼りにしていた方だっただけに、
ショックです。

こうしてブログに気持ちを吐露することで
気持ちを整理できるかなあと思って書いたのですが
読んでくださってありがとうございました。

親はいつか先に旅立ってしまうものなんですよね・・。

しっかり頑張って行かねばと思っています!
  2009/12/08 - Tue - 21:44  Edit
グミさんへ
コメントありがとうございます。

実父は13年前、
祖父・祖母・叔父をこの2~3年で亡くしました。
こうしてたくさんの親戚が亡くなると
自分も年をとったなあ・・・と思います。
そしてそのうち自分に順番が巡ってくるんですね~。

気持ちが沈んでいるときには
明るい曲が弾けないものですね・・。
体だけでなく、心も元気でないと、ピアノを楽しく弾くことが
出来ないですね。

でもピアノのやさしい音色が
心の支えになっています。

心を込めて弾けば、きっと天国に聞こえるかもしれませんね!
頑張って、練習します!!
  2009/12/08 - Tue - 21:50  Edit
かめいちさんへ
コメントありがとうございます。

かめいちさんはお父様もお母様もなくされているんですね!!
まだお若かかったでしょう・・。

そう、時間が止まる感じ・・・
私の実父は11月に亡くなりましたが
その後春が来て、田植えの風景を見たときに
青い若い苗をみて違和感を感じました。
「何で父は死んだのに春は巡ってきたんだろう??」
って・・
私の中で時は止まっていたんですね・・・。

かめいちさんも同じ気持ちだったんですね・・・!

でもそれを乗り越えて
残されたもの達は生きていかねばならないと感じます。

頑張ります!ピアノも!!
  2009/12/08 - Tue - 21:56  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。