プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
163位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  07
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サロンっていい~!!
2009/10/24 - 01:53    トラックバック[0]    コメント[0]     EDIT
カテゴリ [コンサート・演奏会]
サロン音楽会に行ってきました!!!

市の文化ホールの中の一番小さなホールで
県内出身のピアニスト松岡淳さんの演奏会がありました。

いやぁ~!良かったです!!
手が届くところでピアニストの演奏が弾けるのは!!

一番前の席で、手元の見えるところでした。
背の高い素敵なピアニストでした。手も大きかった!

一瞬・・

ピアニストの彼がいて、自分の目の前で曲を弾いてくれたら
きっとこんな感じなんだろうな~


などという妄想を抱くぐらいの近さで
演奏が聴けたのです!!

さて・・内容は
1部
バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」
メンデルスゾーン 無言歌集より 「ベネツィアの舟歌」・「狩の歌」
シューマン 子どもの情景
ブラームス 3つの間奏曲

2部
ベートーヴェン「エリーゼのために」
メンデルスゾーン(リスト編曲)「歌の翼に」「献呈」
ベートーヴェン ピアノソナタ第8番 ハ短調「悲愴」

アンコール
ブラームスのワルツ
不明の曲
ショパン「別れの曲」

ピアノはスタインウェイ。
これらの選曲も良い感じ~!!
小品というか、聞きやすいものばかりでした。

まずはバッハ。有名な曲。ステージじゃなくて小さな室内に響き渡る音が
すごく綺麗でした。

メンデルスゾーンの曲が入っているのは、今年生誕200年だから入れたんですって!

プロが弾くと、情景が浮かんでくるんですよね・・・。
舟歌では港町の風景とか・・川岸とか
狩りの歌では馬に乗った様子とか・・・
雰囲気が感じられます。

シューマン 子どもの情景は13曲すべて
初めて通して聞きました。こういう構成だったんですね~。

ブラームスは・・渋かった・・
松岡さんは「眠くなったらどうぞ眠ってください」って言ってました。
ただしいびきをかいたら隣の人鼻つまんで下さいって・・

曲と曲の間は、
作曲家の話や、曲の解説などしてくれました。

休憩の後
「エリーゼのために」でした。やっぱり綺麗。
一音一音に息がかかっているというか・・・比べて自分の音は何て雑なんだろうと
改めて実感・・。

またメンデルスゾーンでしたが
「歌の翼」これは私が大好きな曲です。いつか弾いてみたいと思っています。

実は松岡さんはのどの手術をされたそうで
今回の演奏会では、あまり声帯の調子が良くなく
声が良く出ていないので、かわりに
「歌う」歌を選曲したそうです。

最後は「悲愴」
いいですね~。激しい部分と静かな部分をあわせて聞くと
それぞれが引き立ちます。


簡単な感想しか言えませんけど・・

ピアニストの手って・・・綺麗です。長くて・・
手にうっとり見とれてしまいました。(手フェチ???)

それと、音がメロディーをうつ音と、そうでない音がはっきり区別されていて
一台のピアノなのに、何人もの人で演奏しているような錯覚をうけます。
さすが、オーケストラにもなる楽器ですね!プロが弾くとそうなんですね!!

同じフロアーで、すぐ目の前でピアノが聞けて
今日はもううっとりの素敵な時間が過ごせました。

ただ一つ残念だったのは
隣に座った女の子が、咳をして、鼻水をすする音が聞こえてきたこと!!
ものすごく気になりました。(マスクはしていたようです)
そんなに具合が悪いなら連れてこないで欲しい!!と思いましたね。
しかもこのご時世ですし。
ピアニストの息づかいまで聞こえる静けさだったので
それがひとつ残念でなりませんでした。

アンコールは3回も出てきてくれて
最後にはショパンも弾いてもらえました!!
やっぱりショパン~~~~!!
最後に「別れ」の曲だなんて、しゃれすぎています!!

素敵なひとときをありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント













トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。