プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
216位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  11
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッスン日記
2009/10/21 - 13:44    トラックバック[0]    コメント[2]     EDIT
カテゴリ [レッスン日記]
ピアノレッスンのある日は
朝から楽しみで、
掃除や洗濯も、ふだんよりはかどっちゃうような気がします。

この一日のために他の曜日が存在するのだ!!!

と思えるほど。

さて、今日も初めはバーナムから。

相変わらずの「懸垂の練習」ですが
左手の薬指が前よりはましな動きになってきました。
2回繰り返して・・合格!!
でも時々これは練習することにしよう・・・。

つぎの4連符5連符・・これもリズムはとれるようになりましたが
やっぱり左手の薬指がくにゃ~っとなってしまう・・。

なんて根性のない左手薬指なんだろう・・・。

そして次の曲に進みバーナムを終え

ブルグミュラー「ちょっとした悲しみ」の仕上げ。

仕上げ・仕上げ・仕上げ


頭の中で「仕上げ」がこだまし、緊張感が高まり・・・

出だしであたまが真っ白になり、ずっこけましたが
もう一度あたまから弾き直して、すんなりと弾き終えました。

ああ~やっぱり仕上げは緊張します。
でもかなり早く弾けるようになり、この一回でミスもなく合格しました。

次の「おしゃべり」・・・練習はしてみたけど、まだまだです。
初めての8分の3拍子の曲かなあ???
8分音符を一拍と数えるんだったよね・・・!?

たどたどしく弾きましたが、
「ちょっとした悲しみ」よりはずっと弾きやすそう!
ただ、同音連打が続くのが難しそうですが・・。

そしてリズムや音の違っているところを訂正してもらい
同音連打のアドバイスをうけてブルグは終了。
たくさん練習すれば弾けそう・・。

次は鬼門のツェルニー100番の15番。

これは家で
You tubeで、他の人の弾いてるのを聞いて
イメージをつかみました。
でもやっぱり指使いが難しいところがあります。

右手の3連符がぎこちないのでなめらかに、というところと
歌うように弾けていないという指摘を受け
部分練習をするように言われました。

これはまだまだ時間がかかるかなあ・・。

最後!!
「花の歌」を最後まで通して聞いてもらいました。

家で弾いているようにリラックスして弾くことは出来ず
かっちかちのコッチコチになって弾きました。

そういう時って、なんだか
ピアノも自分を受け入れてくれていないような感覚がします。
弾いても、弾いても「ツーン」とされているような感じ・・・。

柔らかいところ、激しいところ、軽快なところと
雰囲気を変えて弾くように
それから短い休符のところをしっかり休むように、
ということでした。

また、左手の和音が
弱く弾きすぎて弱すぎるので
音が弱くても、しっかり音を出すようにと・・

それは難しい・・・

「花の歌」
この曲弾きこなせたら素敵だろうなあ・・。
自分で酔いしれながら弾いてみたい・・・。
でも現実は
鍵盤を凝視しながら、ガチコチと弾いている自分なのでした。
音も堅いし・・・。

動画に載せられるぐらいまで
がんばってれんしゅうしようと思います!

スポンサーサイト
コメント













緊張
まずは「ちょっとした悲しみ」合格おめでとうございます!
仕上げというだけで緊張してしまうの
すご~くわかります。
でもその後すぐに持ち直すのが
さすが、けんば~んさん!
素晴らしいです。

家でたくさん練習していい感じで弾けて
なのにそれがレッスンで緊張して出せなかったときの
もどかしさもよ~くわかります。
でも「花の歌」も順調そうで
聴かせていただけるのをとっても楽しみにしています。
  2009/10/22 - Thu - 06:43  Edit
グミさんへ
いつもお祝いコメントありがとうございます。

たとえ1曲の合格でも、とっても嬉しいのですが
この喜びを共有できる人がいないので
グミさんやブログ仲間の方に「おめでとう」っていってもらえるのは
ほんとに嬉しいです!!

仕上げ・・・指は震えるし、力は入るし
出来ることなら「仕上げ」っていわないで
うまくいったときに「これが仕上げでした!」
って事後承諾みたいにして欲しいですよね・・・。

花の歌・・・目標はゆったりと気持ちを込めて
綺麗な音で弾けたら良いな~と思っています!
がんばります!!
  2009/10/22 - Thu - 22:14  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。