プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
69位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
08
1
2
3
4
5
7
9
10
11
12
13
14
15
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  10
心を込めて弾く、ということ その2
2009/10/08 - 13:58    トラックバック[0]    コメント[2]     EDIT
カテゴリ [練習日記]
昨日、眠いながらも
レッスン日記を書いて

しかもかなり長く・・

そして最後は記憶がとぎれとぎれになって
気がついたらパソコンの電源きっていて・・
「あれ?ブログの記事どうしたっけ?ま、いいか!眠いから寝よう」
と思って寝ました。

さっき見たら
やっぱり記事は消えてました・・。しょっく~!!(>_<)

ま、たいしたことない記事だから良いんだけど・・。

さて、前回に引き続き、
「心を込めて弾く」ことについて。

実は私は絵を描くのも好きなんですけど
絵を描くときも、

「うまいでしょ」「こんなにかけるんだよ」
という気持ちが先走ってしまいます。

見たままに描くとか、そういうのは得意なんですけど
「だから何?」って感じの絵になっちゃうんですよね。

本物みたいに
写実的に

そしてそれだけで満足していました。
なんか、ピアノも同じだなあ・・・って。
何を表現したいのか、伝わらない絵ばかり描いていたと思うんです。

ただ、自分の父親が亡くなったときに
写真を見て、色鉛筆で父の肖像画を描いたときには
「父を描いておきたい、忘れないうちに!!」という思いがありました。

今でもそれを見ると
「自分が描いたのか?」と思うくらい良くできていてびっくりすることがあります。
それを描いたときはすごく集中していて、
自分の持っている力以上の何かがでた、見たいな感じです。
そしてその絵の顔を見ていると
父のあごひげの感触や、着ていた服の質感などが思い出されるんです。

きっと父が亡くなっていなければ
こんな絵は描けなかったと思います。

想いを込めて表現すると
できあがったものには、人の感性にふれる何かがあるのだと思います。

私のピアノはどうだろう。

何のためにピアノを弾くのだろう。

ショパンの曲に感銘を受けるのならば
ショパンの曲に思いを込めて弾くことができるのではないだろうか?

子どもにかってやった「マンガ伝記 ショパン」を読むたびに
故郷を思い、恋人を思い、病気などで苦しみながらも
作り上げた一曲一曲を、
機械的に読み取ることだけには何の意味もないだろうと思うのです。
(といってもわたしにはまだショパンの難曲の譜読みすら難しいのですが・・)

角聖子さんの著書「ピアノ力」をつける!には
 ・簡単な曲でも、楽譜通りに弾けて終わりではない
 ・自分の感じるように表現できたか、タッチは?強弱はできたか?やるべき練習はたくさんある。
 ・表現するための技術を身につけていく (技術が先にあって表現できるようになるのではなく)
と書かれています。
一つ一つの曲を、表現力を磨きながら練習することが大事なんですね・・。

ショパンなどほど遠く、
ブルグミュラーでさえ
まだまだ楽譜の指示通りにすら弾けていない状態ですが
一音一音を良く聴きながら表現力を少しずつ磨いて行きたいです。
そしていつか

ショパンの曲を弾いて
誰かに聞いてもらいたいです♪


スポンサーサイト
コメント













NoTitle
レッスン記録読めなくて残念!
けんば~んさんは絵もお描きになるのですね~
私は絵はからっきしだめなので
絵が描ける人に憧れます。
お父様への想いを絵で表現できるなんて
本当にステキなことですね。
  2009/10/09 - Fri - 09:04  Edit
グミさんへ
いつもコメントありがとうございます。

想いを込める、ってどういうことかな~
と考えたときにこのことが浮かんだので
書いてみました。

描いた絵を載せているブログもあるのですが
ピアノにはまってからは
全く更新しなくなり、放置状態です!

  2009/10/09 - Fri - 13:45  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード