プロフィール

けんば~ん

Author:けんば~ん
名前 けんば~ん
年齢 不惑の年
職業 英語の先生
ピアノ歴 7年
好きな作曲家 ショパン、メンデルスゾーン
ほかの趣味 バドミントン 絵
      
子供の時からピアノを習いたいと
ずっと思っていて
33歳の時に初めてレッスンを
受け始めました。
最初は電子ピアノでしたが
3年目にはアコースティックピアノを購入。

やる気の波は上下はしていますが
7年間仕事と育児と家事の合間を縫って
練習を続けてきました。

現在、4人目となる先生に教わっています。
月2回45分のレッスンに
通っています。

◎◎現在の練習曲◎◎
ショパン ワルツOp69-2
ギロック 叙情小曲集

大好きな曲△△
ショパン ノクターン9-2
ショパン 舟歌
ショパン バラード1番

■■好きなピアニスト■■
ツィメルマン
ユンディ・リ
ダン・タイ・ソン
小山実稚恵
牛田智大

☆これまで練習した曲☆
ベートーベン 「エリーゼのために」
ランゲ 「花の歌」
ブルグミュラー25の練習曲
ショパン 「マズルカ5番」
ショパン「ワルツ イ短調 遺作」
モーツァルト 「ロンドニ長調」
ベートーベン ソナタop49-2 第1&2楽章
ショパン ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」
モーツァルト 幻想曲
モーツァルト ソナタ K545 ハ長調
ベートーベン 悲愴 第2楽章
ギロック 叙情小曲集より数曲 
ショパン ノクターン op9-2
メンデルスゾーン 歌の翼
ブラームス ワルツ

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
163位
アクセスランキングを見る>>
クラシック演奏会
presented by
パッヘルベルによろしく
2006年、33歳からピアノを始めました。 ピアノでHAPPYな毎日です!
はぴぴあの♪
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  07
スポンサーサイト
--/--/-- - --:--    トラックバック[-]    コメント[-]    EDIT
カテゴリ [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五嶋龍さんヴァイオリンリサイタル
2009/08/17 - 22:12    トラックバック[0]    コメント[2]     EDIT
カテゴリ [コンサート・演奏会]
行ってきました~!
ジャパンツアーの第1日目は、私の地元です!!

3階席でしたが、弾く姿もよく見えたし
うっとりでした~。

ヴァイオリンって響くんですね~!!
すごく良い音色でした。
私にとっては初めてのヴァイオリンのソロの公演です。

弾く前に、調整するために音を出しますよね。
そのギーギーって音の後に
曲に入ったとたん、

「え??」

と思うほど出だしの音がすばらしくて!!

びっくりしてしまいました。

そして五嶋龍さんの存在感!!

大ホールの広いステージに
ピアノとヴァイオリンだけ・・・
それでいて1400人もの聴衆を惹きつけてしまうのって
すごいですよね!

詳しいことはわからないけれど
すごくうっとりするような音色・・・。
すごく速くて難しそうな指使い・・・。
とにかくすばらしかったです。

五嶋龍さんが楽しそうに弾くと、こちらも楽しくなるし
悲しそうに弾くと、こちらも切なくなりました・・。
音楽で人を魅了するって
こういうことなんですね・・・。

曲目は・・

プログラム:
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 op.24「春」
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ短調 BWV1003
サン=サーンス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ニ短調 op.75 

などでした。
最後の曲がピアノも弾きごたえがあって良かったです。

アンコール一曲目は
キュッキュッポロンポロン・・と変わった音色がたくさん入っている
かわいらしい曲でした。(タイトルがわかりません)
その曲の途中、弦を押さえている左手だけで
弦をはじいて曲を弾いてました・・。なんか愉快でした。なんという奏法なんでしょうね??

そしてアンコール2曲目(またしてもタイトルわからず)
素敵でした・・・。ピアノも良かった。

ヴァイオリンって、人の声みたいですよね、
叫んだり、おしゃべりしたり、歌ったり・・・。そんな風に聞こえます。

ピアノとはまた違う種類の楽器だけど
とても楽しめたリサイタルでした。
スポンサーサイト
コメント













いいなぁ…
レポート楽しく読ませていただきました。
けんば~んさんの幸せをお裾分けしていただきましたよ~
地元に立派なホールがあって
一流の演奏が聴けるなんて本当に羨ましいです。

ヴァイオリンの音色って本当にいいですね。
またピアノと性質がまったく違うところに惹かれます。

えっと、弦を指ではじく奏法は
ピチカートといいます。
面白いですよね~
  2009/08/18 - Tue - 08:35  Edit
グミさん
五嶋龍さんのジャパンツアーは
札幌にも行くそうです。

ピチカートっていうんですね!!
ピチカートファイブなら聞いたことありますが!!
そういう意味だったんですね!!さすがです!!

バイオリンも良いですよね。。
できるならば夫に習ってもらって
合奏したいのですが・・・(笑)
  2009/08/20 - Thu - 13:28  Edit
トラックバック
トラックバックURL
ブログ村
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。